ここから本文です

DH制には反対。野球の本質から言えば、ピッチャーが打席に立つのが正しい形だ!【張本勲の喝!!】

7/18(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

DH制の危うさは努力をしなくなること

高井が“代打男”として輝いたのはDH制がなかったからだとも言える

 少し時間が経ってしまったが、今年の交流戦もパ・リーグがセ・リーグを圧倒した。1年だけならともかく、毎年のようにパにやられ、セの監督・選手は悔しくないのか。

 これは“喝”だ。前に書いたとおり、私は交流戦の役割はすでに終わっていると思うが、すぐにやめるわけにはいくまい。ならば、もっと死に物狂いでやらなければいけない。相手リーグに絶対に負けないという気迫がなければ、ファンの心をつかむことはできないし、浪漫(ロマン)を生むこともできないのだ。

 パの優位はいろいろな要因があるが、ドラフトでダルビッシュ有(現カブス)、田中将大(現ヤンキース)、菊池雄星(現マリナーズ)といった突出した選手をことごとくパの球団が獲得していったことは大きい。セのクジ運の悪さや見る目のなさが、交流戦で差が生じる理由の一つであることは間違いないだろう。

 あとは、パはDH制があるから、投手が打席に立つセより攻撃的な戦いになり、必然的に投手が鍛えられ、かつ、それに対抗するため打者のスイングも強くなるという人がいる。それも多少はあるかもしれないが、それ以前の問題としてDH制自体をどうするかという問題がある。

 はっきり言えば、私はDH制に反対だ。DH制は野球の本質とは・・・ 本文:2,592文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/18(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る