ここから本文です

イヤホン・バッテリー… 格安スマホ用品の実力点検

7/18(木) 10:12配信

NIKKEI STYLE

パソコンやスマホの周辺機器や便利グッズ、すべて3000円以内でも購入可能だ。ただ格安品だけに、「本当に使えるの?」と心配する人も多いはず。そこで日経PC21編集部で、これらの格安製品を実際に購入。本気で使ってみて、評価しました。購入時の参考にしてください。今日はまずスマホ関連グッズから。

●【ワイヤレスイヤホン】TN(Turbine)Bluetoothイヤホン

ブルートゥース接続のイヤホンは数あれど、周囲の騒音を低減できる「ノイズキャンセリング」機能を搭載した格安品はほとんどない。Bluedio製のネックバンドモデルは、2000円台前半ながらこの機能を搭載しているのが驚きだ。

ノイズキャンセリングは、右耳側のリモコンでオンオフできる。半信半疑で試してみたところ、電車などの低い騒音が抑えられ、確かな効果が感じられた。ただし、人間の話し声のような帯域にはほとんど効かない。このあたりは上級機と明らかに差がある。

充電は汎用性の高いUSBタイプC経由で、ノイズキャンセリング使用時でも9時間持つというのは立派だ。音質は低域が強めでややこもり気味だが、価格を考えれば及第点。作りも価格なりではあるものの、ノイズキャンセリング付きのイヤホンを体験してみたい人にお薦めだ。

●【ワイヤレスイヤホン】Figfly T1 Bluetoothイヤホン

ブルートゥースイヤホンは高額なイメージがあるが、メーカーにこだわらなければ、格安の製品もある。今回はアマゾンで見つけた999円の製品「Figfly T1」を購入してみた。果たして実力のほどはどうなのだろうか?

付属品は保証カード、充電用のマイクロUSBケーブル、3サイズのイヤーピースと一通りそろっている。リモコンでは再生、停止、前後曲の切り替え、音量調整などに加え、電話の受話の操作ができる。充電はリモコン部のマイクロUSB端子経由で行う。

気になる音質は実用的で、999円ながら十分に音楽を楽しめるレベルだった。しかし耐久性に難があり、今回購入した製品は、試用中にリモコン部が破損してしまった。

はめこみ式なので簡単に直せるとはいえ、満員電車の中などで壊れないことを願うばかりだ。この点さえ我慢できるのであれば購入してもよい。

●【ブルートゥーススピーカー】堅果スピーカー

スマホのスピーカーは必要最低限の性能しか備えてなく、音質が貧弱なことが多い。そこで今回は、アマゾンで見つけた激安ブルートゥーススピーカーで音質の改善を図ってみた。

購入価格が1000円ということもあり、質感には正直期待していなかった。しかし、本体に木材を使用しており、なかなか高級感がある。デザインも悪くない。

充電用のマイクロUSBケーブルと、説明書も付属する。説明書は中国語/英語表記で、日本語の表記はないが、ボタンは1つしかなく、操作は難しくない。ボタンの長押しで電源が入り、自動的にペアリングモードに移行する。あとはスマホのブルートゥース設定で機器を選べば、接続は完了する。

気になる音質も合格点だ。周囲に広がるような響きで、スマホの内蔵スピーカーよりもかなりいい。1000円という価格を考えれば大満足だ。

●【スマートウオッチ】Uwatch スマートウォッチ

体調管理にも役立つスマートウオッチ。スマホに届く通知を転送する機能もあり、重要な着信やLINEなどのメッセージを見逃さないためにも役立つ存在となっている。

今回、購入したのは腕時計型の「Uwatch スマートウォッチ」。安価な製品には、細長いブレスレット型のものが多いが、やはりオンオフ問わずに使いやすいのは、こうした腕時計型だ。文字盤内には1.33型のディスプレイを搭載する。

裏面には光学式の心拍数計もあり、30分置きに心拍数を自動計測する。計測データは、本体上と「Da Fit」という専用のスマホアプリで確認できる。

計測する活動量は、前述した心拍数のほか、歩数と消費カロリー、歩いた距離、睡眠時間と睡眠品質。このほかスマホと連携することで、「カメラ」アプリのシャッター、あるいは音楽プレーヤーのリモコンとしても操作が可能になる。

肝心の通知機能も優秀。標準で電話やLINEといったアプリの通知に対応。そのほかのアプリも設定を見直すと、ほぼすべて届くようになる。

●【ライトニングケーブル】ノマドキーNMD-01L

ライトニングケーブルを忘れて困った経験のあるiPhoneユーザーも多いはず。「ノマドキーNMD-01L」は、キーホルダー型のライトニングケーブル。購入した価格は2990円と、通常のライトニングケーブルに比べて値は張るが、パッケージも含めて高品質で、満足度は高い。

一般的なライトニングケーブルと同じく、パソコンやモバイルバッテリーなどとの接続用端子にはUSBタイプA端子を採用。USB経由での充電だけでなく、データ転送にもしっかり対応する。

かばんや小物入れに放り込んでも、絡まりにくいのもうれしいポイント。キーリングが付属するので、家の鍵と一緒に持ち歩くと、うっかり忘れる心配もない。

●【液晶コーティング材】クリスタルガード・グラスアーマー

液晶の保護フィルムや保護ガラスは、どうしても厚みで操作感が損なわれる。また、貼り付けるのもひと苦労。貼り付けの最中にホコリが付着したり、気泡が入ってしまったりと仕上げが汚くなってしまうこともしばしば。そこで、液晶のガラス面に直接塗布してスマホの画面を保護するコーティング剤「クリスタルガード・グラスアーマー」を購入してみた。

パッケージは非常に簡素。ガラス製の小瓶と、塗布用の小さな布が5枚入っている。施工は、クリスタルガード・グラスアーマーを布に染み込ませ、スマホの画面に塗り込んでから、から拭きするだけと簡単。ガラス面に直接塗布することに抵抗感はあるものの、結果として美しく仕上げることができた。

1週間ほど試用したが、手の脂や汚れは付着しにくくなった。傷や割れを防げるかまでは試せていないが、厚みもないので操作感は上々だ。

●【モバイルバッテリー】PowerCube

スマホのバッテリーが帰宅するまでもたない。このようなことは珍しいことではない。今や出先でもスマホを充電できるモバイルバッテリーは必須アイテムといえる。だが毎日、持ち歩くものだけに、あまりに大きくて重いものは避けたい。

そんな人にピッタリなのは、スマホを1~1.5回程度フル充電できる5000mAhクラスのモバイルバッテリー。お薦めは、NOVOOというメーカーの「PowerCube」だ。101グラムという軽量モデルながら、急速充電規格の「PD」と「クイックチャージ3.0」に対応する。

「エクスペリア XZ1」でテストしたところ、両規格で急速充電できた。一方、iPhoneXSではPDでの充電ができなかった。販売ページでは対応とあるが、テストした製品は通常のUSBからのみ充電できた。

なお本体にPSEマークが表示されていないが、メーカーによると出荷時期の関係によるもので、すでにPSEマークを取得済みとの回答だった。

●【USB充電器】PD 3.0-1 USB Type C & 2USB-A充電器とRP-PC108

iPhoneなど、一部のスマホに付属する充電器(ACアダプター)は、急速充電に対応していないものがある。そこでお薦めしたいのが、PD対応の急速充電器だ。Nimaso製は、最大45Wまでの充電に対応。パワフルなのでiPad Proなどの充電にも使える。

もう1つは最大18WのRAVPower製。こちらは、通常のUSBの出力も急速充電規格の「クイックチャージ」に対応している。どちらも手のひらに収まる小型サイズだが、特に後者は約5センチ角というコンパクトさだ。

●【防水ケース】モバイルドライポーチ

夏に向けてスマホをアウトドアで使う機会は増える。雨や汚れからスマホを守ってくれるのが防水仕様のケースだ。通販サイトで探すと、100円台という安物でさえ完全防水をうたうが、大事なスマホを託すには不安が残る。信頼性を求めるなら、国内アウトドアブランド、モンベルの「モバイルドライポーチ」を選びたい。防水等級は「継続的に水没しても内部に浸水しない」というIPX8[注]。ケースの上からタッチ操作ができて、撮影も可能だ。

開口部はジッパーで密閉し、さらに内側に2回巻き込んで面ファスナーで固定する方式。ここから浸水することはまずなさそうだ。開口部が狭めなので、大型のスマホは入りにくい点には要注意。

[注]メーカーでは水中での使用を禁じている

※掲載している製品は記事執筆時点(2019年5月下旬)で販売されていたものです。記事執筆時点から製品の名称や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合もあります。また、販売価格は常に変動しており、掲載している購入価格は最新の価格と異なる場合があります。購入価格は、購入時にキャンペーンやタイムセールなどが行われていた場合は、それらを適用した価格になります。

[日経PC21 2019年8月号掲載記事を再構成]

最終更新:7/18(木) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事