ここから本文です

日本ハム・中田 翔 逆転優勝はあきらめない!キャプテンの決意/後半戦のキーマン

7/18(木) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 中田翔が悔しさを露わにした試合があった。6月4日のヤクルト戦(札幌ドーム)。2本塁打を放って勝利に貢献した試合後に「1打席目がすべて。今日負けていたら自分の責任だった」と話した。1打席目は絶好のチャンスで凡退。その後に2打席連続アーチで「ミス」を取り返したが、打点にこだわるキャプテンは納得しなかった。

 前半戦で8度の勝利打点はチームトップだが、得点圏打率は昨季の3割ちょうどから.209と低迷した。60打点もチームトップだが、逃した得点機を考慮すると、もっと高い数字を望めた。つまりチームの勝利数ももっと上積みできた可能性があった。得点圏に走者を置いた場面での打席数は、規定打席到達者の中で中田と近藤だけが100打席以上。近藤の得点圏打率は.313と勝負強さを発揮しただけに、中田が好機で決め切れれば、後半戦の得点力は増すはずだ。

 前半戦は19本塁打をマークし、4年ぶり2度目の30本到達も視野に入っている。そのうち2本はグランドスラムだが、残り17本は走者なしの場面で8本、一塁の場面で9本。複数走者がいる場面での効果的なアーチ量産も後半戦は望みたいところ。ここまで欠場した試合はわずかに1試合。精神的支柱として若手中心のチームを引っ張っているキャプテンの口癖は「個人的なことはどうでもいい。チームが勝てばいい」。中田の決定力なくして、日本ハムの逆転優勝はない。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:7/18(木) 12:11
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事