ここから本文です

後輩の「オラついてみたい」発言に、キンプリ岸の答えは?〈AERA〉

7/21(日) 11:30配信

AERA dot.

 ジャニーズの人気タレントが演じてきた舞台「ドリームボーイズ」。King & Princeの岸優太さんと神宮寺勇太さんが受け継ぎ、ジャニーズJr.が華を添える。岸さんと神宮寺さん、HiHi Jetsの高橋優斗さん、美少年の岩崎大昇さんが抱負を語った。

*  *  *
──ボクシングを題材に若者たちの夢や挫折、友情を描く舞台「ドリームボーイズ(通称ドリボ)」。2004年に滝沢秀明さん主演でスタートし、KAT-TUNの亀梨和也さん、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんらが繋いできた主役を岸さんが、ライバルのチャンプ役を神宮寺さんが引き継ぎます。出演が決まったときの気持ちは?

岸優太(以下、岸):いや、ホントに僕「キャスティングミスじゃないですか?」って尋ね返しました。滝沢さん、亀梨くん、玉森くんときて、岸ですよ。「?」ですよね(笑)。でもいつかは挑戦してみたいと思ってきた舞台。大きなチャンスをいただいた以上、自分なりに爪痕を残して、見ていただいた皆さんに「?」が浮かばないように、しっかりと馴染んでいきたいと思います。

神宮寺勇太(以下、神宮寺):僕は6年前に出てるんですよ。まだ事務所に入って数年の頃で、マッチ(近藤真彦)さんも出ていらしてものすごく緊張したのと、踊りを覚えるのに苦労した思い出があります。そのときは出番も少なかったのですが、今回はチャンプ役をやらせていただけると聞いて、ただただビックリでした。

──高橋さんは今回で3度目、岩崎さんは初参加だそうですね。

高橋優斗(以下、高橋):僕は去年の玉森くんの弟役に続いて、今年は岸くんの弟役をやらせていただきます。入所したときからずっとやりたい舞台だったので、3回も関われるのはすごく嬉しいですね。

岩崎大昇(以下、岩崎):ジャニーズに入って初めて見た舞台がドリームボーイズで。本当に憧れの舞台なので、置いていかれないように必死で食らいついていきたいです。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 11:39
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事