ここから本文です

【ムエタイ】名高と竜哉、IBFムエタイ世界ダブルタイトルマッチへ向けて今朝計量をクリアー

7/18(木) 12:22配信

ゴング格闘技

2019年7月18日(木・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアムにて、IBFムエタイ世界タイトルマッチに臨む名高・エイワスポーツジムと竜哉・エイワスポーツジム(共にエイワスポーツジム所属)の計量が、18日早朝に行われた。

【写真】TVレポーターの取材を受ける名高とイサーンタイ

 名高は107ポンド(48.5kg)、竜哉は105ポンド(47.6kg)でそれぞれ無事に計量をパス。名高の対戦相手のイサーンタイ・シットシェフブンタム、竜哉の相手ブンライ・シットシェフブンタム(共にタイ)も計量をパスしている。

 計量を終えた名高は「今回、階級を上げての初のラジャダムナンスタジアムでの試合で少し緊張もありますが、その緊張も楽しんでいます。昨夜は喉が渇いて3回くらい起きてしまいました。今からリカバリーして、竜哉と一緒にチャンピオンになります。応援よろしくお願いします」と喉の渇きに苦しんだようだが、ミニフライ級王座に続いてのIBFムエタイ世界タイトルの2階級制覇を宣言。

 竜哉も「ラジャダムナンスタジアムでの2試合目に出れて嬉しいです。今日はお父さんの誕生日でトランクスにもお父さんの名前を入れました。僕と名高のチャンピオンベルトが誕生日プレゼントになるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と、父に世界王座のベルトを巻いた姿を見せると誓った。
 IBFムエタイの世界タイトルマッチとの事で現地の注目度も高いという。

最終更新:7/18(木) 12:22
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事