ここから本文です

“空飛ぶクルマ”のエネルギーには水素が最適?

7/18(木) 8:12配信

WIRED.jp

水素を利用する燃料電池は、これまで地上を走る電気自動車(EV)の動力源として厳しい戦いを強いられてきた。だが、いまとなってはゼロ・エミッション化に必要な動力技術が求められ始めている。

Uberが目指す「空飛ぶタクシー」の課題

こうしたなか、スタートアップのアラカイ・テクノロジーズ(Alaka’i Technologies)が、液体水素を燃料とする5人乗りの“空飛ぶクルマ”のような電動垂直離着陸機(eVTOL)の「Skai(スカイ)」を発表した。同社は多くの競合企業が開発に取り組むバッテリーの電気で駆動する航空機よりも、水素を用いた航空機のほうが効率的かつパワフルになると主張している。

このマサチューセッツ州のメーカーを率いているメンバーは、米航空宇宙局(NASA)や大手軍事機器メーカーのレイセオン、エアバス、ボーイング、そして米国防総省の出身者たちだ。アラカイはBMW傘下のデザインワークスと提携し、6基の回転翼をもつSkaiを設計した。そしてロサンジェルスでSkaiの原寸大模型を発表したのだ。

アラカイによると、最終的な製品は1回の燃料補給で最大4時間にわたり航行でき、航続距離は400マイル(約644km)に及ぶ。しかも、燃料は水素ステーションで10分以内に補給できるという。同社は実物大の飛行可能なプロトタイプを生産中で、広報担当者は初のフライトが「まもなく」だろうと語っている。

流線型ではない斬新なデザイン

燃料電池をエネルギー源とした航空機はSkaiが初めてではない。すでにボーイングが2008年に実現しているが、Skaiはこれまでに類を見ないものになるだろう。

まず、Skaiのボディは流線型ではなく角ばっている。この点で、ドイツのスタートアップであるリリウム(Lilium Aviation)や、ヘリコプター大手のベルヘリコプター、そしてボーイングが手がけるようなモデルとは異なる。

また、他社が構想するeVTOLは時速150マイル(同約241km)以上の速度が出るが、Skaiの最高時速は時速118マイル(約同190km)にすぎない。どちらかというと、Skaiは効率性を重視して設計されているのだ。日常的に短距離の移動を何十回も繰り返す場合は、最高速度よりも効率性が重要になる。

「われわれの目標は機体をシンプルに保つことでした。そして、丸1日以上にわたって何度も飛行できる能力に焦点を合わせました」と、NASA出身のエンジニアでアラカイの取締役を務めるブルース・ホームズは語る。

1/3ページ

最終更新:7/18(木) 8:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事