ここから本文です

今も3秒に一体売れている!「バービー人形」の知られざる秘話5

7/18(木) 7:05配信

コスモポリタン

素敵なお家にかっこいいボーイフレンド、そして輝かしいキャリア。そんな一点の曇りもないバービーも、私たちの知らない諸々の事情を抱えているようです。アメリカで生まれ、世界中の女の子たちに愛される着せ替え人形の誕生秘話を、<Good Housekeeping>からお届けします。

【写真】時代を感じる…!1985年から続く、「バービー人形」の変化

発想のヒントは紙の着せ替え人形

バービーが「生まれた」のは、バービーを製造するマテル社の社長でバービーの開発者であるルース・ハンドラーさんが、ニューヨークで行われた「アメリカン・インターナショナル・トイ・フェア」にバービー人形を出品したとき。ということは、バービーは今年で60歳!

ハンドラーさんがバービー人形を思いついたきっかけは、娘が遊んでいた紙の着せ替え人形。これを立体にして、学生やチアリーダー、キャリアウーマンの設定にすることをひらめいたといいます。

フルネームは「バーバラ・ミリセント・ロバーツ」

バービーの名前はハンドラー夫妻の娘、バーバラさんからとったもの。2002年には、バーバラさんがハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに手形と足形を残しました。

バービーのボーイフレンドであるケンという名前も、ハンドラー夫妻の息子から取ったのだとか。つまり、世界で最も有名なカップルは、実はきょうだいの名前だったということに。

実はケンと一度別れ、他の人と付き合ったことも

2004年に一度別れ、2011年のバレンタインデーに復縁した2人。バービーはフェイスブックで、「私の胸は、ケンにしかときめかないの」とファンに吐露したそう。

ケンと別れてから、別のボーイフレンドと付き合ったこともあるバービー。ブレイン・ゴードンという名のその彼は、オーストラリア出身のブギーボーダーだったのだとか。その間にケンはモデルチェンジをして、颯爽と再登場。

かなりのジュエリーコレクションを所有している

これまでに最も高値のついたバービーは、2010年のオークションで取り引きされた30万2,500ドル(約3,385万円)。がんの研究資金を集めるために作られた、オーストラリアのジュエリーデザイナー、ステファノ・カントゥーリさんとコラボしたモデルでした。このバービーがつけているネックレスは、希少なアーガイル産ピンクダイヤモンド製だというから驚き。

バービーはキャリアウーマンの先駆け

過去60年間にバービーが持つキャリアの輝かしさたるや! 宇宙飛行士、医師、実業家まで、バービーが経験した仕事は150以上。

まもなくバービーがスクリーンで見られる!

現在、マテル社は実写版の映画を製作中。気になるバービー役の座を射止めたのは、マーゴット・ロビー。当初はエイミー・シューマーがバービーを演じる予定だったところ、スケジュールの都合で辞退。その後、アン・ハサウェイに白羽の矢が立ったかと思いきや、新しいスタジオと脚本家を迎え、マーゴットがバービーを演じることが決定したと2019年1月に発表されています。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:7/18(木) 7:05
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事