ここから本文です

まるでライトセーバー!? 海の上を躍動する美しい光の軌跡は、こうして描かれた

7/18(木) 12:11配信

WIRED.jp

ライトペインティングに人生を救われた男がいる。デニス・スミスはゼロックスのセールスマンとしてニュージーランドのオークランドで働いていた10年前、30万ドル超の年収を得ていた。しかし、そのすべてをスポーツカーや高価な葉巻、おびただしい量の酒につぎ込んでいたのだ。

まるでライトセーバー!? 魅惑的な世界をもっとみる

「こうした生活を続けようと、死ぬほど働いていました。そして、だんだんとどうしようもない不安にかられ、ひどくふさぎ込むようになっていったのです」

心機一転を図ろうと決心したスミス夫妻は、自宅やクルマをはじめ所持品のほとんどを売り払い、オーストラリアのアデレードに引っ越した。何か趣味が必要だ──。そう思ったスミスは生まれて初めてカメラを買い、手つかずの自然が残るうえ自宅からも近いバロッサ・ヴァレーを散策しながら、写真を撮り始めた。

「渓谷の写真で有名なアンセル・アダムスになったかのような気分でした」と、スミスは振り返る。「けれども、写真共有サーヴィス『Flickr』でバロッサ・ヴァレーをテーマにしたいくつかのグループに参加したところ、あまりに多くの人がまったく同じ写真を撮っていることに気づかされたのです」

「光のボール」の誕生

こうしたなか、同じくFlickrでスミスが出合ったのが、当時はまだ規模が小さかった「LIGHT PAINTING」のコミュニティーだ。そこでは写真家たちが、色のついた光源を用いて長時間露光で夜間に撮影し、複雑に構成されたイメージを生み出していた。

この手法にすっかり心を奪われたスミスは、独自の撮影技法を実験し始めた。そして、のちにスミスの代表的な技法となる「光のボール(ball of light)」を編み出したのだ。立ったまま、先端にLEDライトが付いたコードを円を描くように振り回す。すると、ほぼ完全な光の球体を生み出せる──。

このプロセスを映像作家のサム・コリンズが短いドキュメンタリーにまとめて公開したところ、その再生回数は25万回に上った。こうしてスミスは一躍、世界的なライトペインターの仲間入りを果たしたのである。この過程でスミスは酒もやめている。この10年は、一滴も飲んでいないという。

スミスはライトペインティングについて世界中で講演し、誰でも光のボールを作成できる特製のLEDツールをウェブサイトで販売している。また、「リキッドライトペインティング」という新たなテクニックも新たに編み出した。

すべての始まりは、『スター・ウォーズ』の若きジェダイのライトセーバーを思わせるアクリル製の懐中電灯を、バスタブで振り回したことにさかのぼる。そして、自宅のすぐそばにある海で同じように彼が遊んでいたところを、妻が写真に収めた。

1/2ページ

最終更新:7/18(木) 12:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事