ここから本文です

週5000円でまとめ買いした食材を使いきり!ホワイトボード活用法

7/18(木) 21:10配信

ESSE-online

節約のためにまとめ買いをしてみたけれど、「使いきれずに腐らせてしまった…」なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。
「食材管理を成功させるカギはホワイトボードの活用」と言うのはESSE誌面でも活躍するブロガーの高木瞳さんです。

ホワイトボードで冷蔵庫の状況を把握!まとめ買いした食材を余すことなく活用するテク

買い物に行くのは週1回程度、月の初めに5000円の予算で調味料を買うほかは、週5000円を目安にまとめ買いしているという高木さん。
「買い物から帰ったら食材をしまいながらメインに使うものや簡単な献立をボードにメモして使い忘れを防止しています。食材が家にあれば、忙しい日でも料理をしようという気に。買い物しながら1週間の献立を大ざっぱに考えておくのも、使い残さないためのポイントですね」
買い物のコツとホワイトボードの使い方をくわしく教えてもらいました。

●買い物前に必ずする2つのこと

買い物前は冷蔵庫の食材をできるだけ使いきって調理。ある日の在庫活用献立は、ナス、鶏肉、ニンジンのさっぱり炒めと、卵焼き、ミニトマト、みそ汁。

買い物前には必ず冷蔵庫の中をスマホで撮影。残っている食材を把握してから買い物へ。

●ホワイトボードの食材管理法

(1)1週間分の食材を購入する

約5000円の予算で1週間分の食材をまとめ買い。
「肉、魚を数種類ずつと、旬のものや定番の野菜を購入。牛乳や卵などをときどき買いたす以外は、これで乗りきります」

(2)1週間分のメニューを書く

買ってきた材料は買い物袋から出しながら、どんなメニューに使うのかをボードに記入。

「全部書くのは大変なので、彩り用の野菜や常備している卵などは省略します」

(3)つくりおきや冷凍セットをつくる

記入したメニューのうち、つくりおきしておくと便利な常備菜や、半調理の冷凍セットなどはそのままの流れでつくってしまいます。
「これをやっておくだけで、あとがラクちんに」

(4)使った食材を消す

食材を使ったら、ボードに書いたメニューを消します。
「これで、冷蔵庫に残っているものが明確になり、使い残しゼロに。1つ1つ消す作業も達成感があって楽しいんです」

1/3ページ

最終更新:7/18(木) 21:10
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年8月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事