ここから本文です

「若くて優秀な選手たちに勝つため」東京五輪出場を目指す本田圭佑、古巣VVVのインタビューで“宣戦布告”

7/18(木) 6:10配信

SOCCER DIGEST Web

「代理人の兄が複数のクラブとコンタクトを取っている」

 古巣であるオランダ1部のVVVのトレーニングに参加している本田圭佑が、“復帰”にあたり、クラブの公式インタビューに応じた。

【MOVIE】本田圭佑が古巣の思い出、これからの目標を語ったインタビュー(英語)

「日本でトレーニングに適したクラブが見つからなかったので、VVVのゼネラルマネージャーのマルコに連絡を入れたんだ。一緒にトレーニングさせてくれないかと訊ねたら、受け入れてくれてね。

 市内に僕がいた頃(09年)にはなかったような高いビルが建っていて、とても驚いた。こうやって戻って来ることができて、本当に感謝している。こんな風に、チームが新しいシーズンに向かって準備を進めているなか、受け入れてもらえるのは、決して普通なことじゃない」

 同時に本田は、「トップレベルの競争に挑みたい」と語り、VVVでプレーするつもりはないことも明かしている。

「僕の目標は東京オリンピックに参加すること。それはオーバーエイジ枠で叶う夢だ。けれど、ヨーロッパにはいま、優秀な日本人、日本代表の選手たちがたくさんいる。僕は彼らを倒す必要がある。彼らと競い、勝つためには、より高いレベルでプレーしなければならないと思っている」

 東京五輪のオーバーエイジ枠は最大3人と狭き門だ。本田は、待望論が囁かれている柴崎岳(デポルティボ)や中島翔哉(ポルト)らとその座を争わなくてはならない。

 そもそも、東京五輪世代には、ともにスペイン屈指の強豪の門を叩いた久保建英(レアル・マドリー)と安部裕葵(バルセロナ)や、オランダで結果を残した堂安律ら優秀なアタッカーが揃っており、その俊英たちとも競争することになるのだ。

 本田自身は、プレミアリーグ、ラ・リーガ、もしくはブンデスリーガでのプレーを希望しているという。ただ、それが簡単ではないことも理解していると話す。

「僕の兄が代理人をしているので、いま、複数のクラブとコンタクトをとっている。僕はその結果の知らせを待っている状況だ。もちろん、簡単なことではない。僕はもう若くないし、給料も安くない。そして、カンボジア代表監督を兼任している。簡単にまとまる話ではないことも理解している」

 そう意気込む本田に対し、インタビュアーは「君は常にエネルギッシュだ。そんな君にとってVVVでの思い出は素晴らしいものか?」と訊ねた。すると、「すべてが素晴らしく噛み合っていた。1年とちょっとだけど、生涯忘れない期間だ」と語ったあと、「でも僕がいたのは10年以上前だから誰も覚えてないでしょ?」と肩をすくめておどけた。

 だが、かつて1部昇格の立役者となった本田は、その姿がクラブハウスの壁画に大きく描かれるなど、レジェンドと言っても過言ではない存在だ。そうインタビュアーに教えられた本田は、「素晴らしいよ」と語り、感慨深そうに壁画を見つめた。

 夢を叶えるため、我が道を突き進む本田圭佑。その飽くなき情熱はまったく衰えていないようだ。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:7/18(木) 6:10
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事