ここから本文です

グランドセイコーからブルガリまで──アスリート志向が漂う本格派スポーツのクロノグラフ5選!

7/18(木) 20:42配信

GQ JAPAN

ステンレススティール、チタン、セラミックスをケース素材に使うクロノグラフをセレクト。アスリート志向の本格派にも好適だ。

【写真で見る!本格派スポーツのクロノグラフ5選】

GRAND SEIKO

スプリングドライブ20周年記念限定モデルSBGC231

スプリングドライブ20周年を祝う
力強さ満点の限定版クロノグラフ

「スプリングドライブとは世界で唯一、セイコーだけが実現した画期的な時計ムーブメントのメカニズムである。ぜんまいで輪列を駆動しつつ、ローターとコイルで発電した電力を用いて水晶振動子と電子回路を動かし、これがローターの回転を正確に制御するというハイブリッドなシステムを開発したことで、力強いトルクによる太い針を動かすパワーと、正確な輪列と針の動きを実現したのである。その誕生から20周年を記念するこの限定500本のモデルは、グランドセイコーのシンボルである獅子(ライオン)の力強さを表現したケースや、獅子のたてがみをイメージしたランダムで大胆な型打ち模様ダイアルなどを採用。まさに20周年を祝福するにふさわしい、圧倒的な存在感が特徴なのである」(名畑政治)

IWC

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・スピット ファイア

作り良し、価格良し。
IWCらしい 物堅いスポーツウォッチ

「パイロット・ウォッチコレクションにあって、自社製ムーブメントを載せているのがスピットファイアだ。今年は69系や32系を搭載したモデルも登場。IWCらしい重厚な設計は、パイロット・ウォッチコレクションにふさわしい。おすすめは、ブロンズケースを採用したクロノグラフモデル。他社のブロンズと異なり、わずかにアルミを加えてあるため、経年変化が控えめだ。味がないという時計マニアもいるが、シャツの袖を汚しにくいため、普通に使えるだろう。内容を考えれば価格も魅力的。文字盤や針の出来も、ミリタリー風だが、きちんと高級時計の仕上げになっている」(広田雅将)

FREDERIQUE CONSTANT

ランナバウト クロノグラフ

クロノグラフが象徴するのは
水上を走り回る快感だ

「ムーブメントの心臓部がダイアルの窓から見える代表作の『ハートビート』や、意欲的な自社ムーブメントの開発で知られるフレデリック・コンスタント。日本でも人気のブランドだが、デザインについては、あくまでもクラシカルな機械式時計のスタイルを追求し、スポーツウォッチの分野にはとんと縁がないように思える。しかし、隠し玉というか、知る人ぞ知るモデルがある。現代の小型モーターボートの原型とされる1920年代の伝説のボートを称える、名称もそのままの『ランナバウト』。クロノグラフを疾走する高速艇のイメージと結びつけ、デザインはオープンデッキのヴィンテージボートの船体を彷彿させるという趣向で、ストーリーにも事欠かない」(菅原茂)

1/2ページ

最終更新:7/18(木) 20:42
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年9月号
2019年7月25日発売

800円(税込)

"はるたん"が帰ってきた! 奇跡の男、田中圭/特集:親とは、子とは、そしてファミリーとは? 自由な「家族」/菅田将暉、”LOVE”を語る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事