ここから本文です

エド・シーランがダメ出しくらう ダニー・ボイル監督『イエスタデイ』本予告&ポスター公開

7/18(木) 8:02配信

リアルサウンド

 10月11日公開の映画『イエスタデイ』より、本予告映像とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、アカデミー賞監督ダニー・ボイルと、アカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスのタッグ作。「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定で、音楽、夢、友情がザ・ビートルズの名曲に彩られ展開していく。また、ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズらフレッシュなキャストに加え、先日の来日公演では大成功を納めたエド・シーランも出演する。

 本ポスタービジュアルは、日本限定オリジナルのデザイン。アビーロードの横断歩道を渡るジャックとエリーの姿が写し出されており、「昨日まで、世界中の誰しもが知っていたビートルズ。今日、僕以外の誰も知らない。」とキャッチコピーが添えられている。

 予告編は、突然世界中が停電になったあと、売れないミュージシャン、ジャック(ヒメーシュ・パテル)が交通事故を起こす場面から始まる。友達や家族、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)の前でザ・ビートルズの「イエスタデイ」「レット・イット・ビー」を披露するも、涙目で感動しながらも「誰の曲?」と、誰もザ・ビートルズを知らない世界であることに困惑する。ザ・ビートルズの楽曲は彼のオリジナルソングとして発表され、世界から注目されるミュージシャンとなっていくさまが映し出されている。本人役で出演するエド・シーランと、彼のライブに同行するジャックの友人からディスられるコミカルな掛け合いも切り取られている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/18(木) 8:02
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事