ここから本文です

ポケモンが実在する世界を感じられる素敵なファンアート Twitterで反響

7/18(木) 22:15配信

KAI-YOU.net

私たちの生活にポケモン(ポケットモンスター)がいたら...なんて想像、ポケモンユーザーなら誰でもしたことがあることだろう。

【画像】ポケモンのいる生活

最近ではARやVRが普及し、『Pokemon GO』の大ヒットもあり、ポケモンをより身近に感じることができるようになった。

ではもし、実際にポケモンがこの世界にいたら、私たちの生活はどう変わるのか?

ポケモンの世界の「食」はこうなっているのでは?という観点から考察したファンアートが、その疑問に答えてくれるかもしれない。

イラストを制作したのは、フリーランスのイラストレーター・デザイナーの茉莉さん。

ポケモンたちがもつ性質を食に活用

投稿されたイラストには「メェークルやミルタンクの乳製品」、「トロピウスの実の加工食品」、さらには「アブリボンのサプリメント」など、ポケモンたちがもつ性質を食に活用し、独自の商品を考案している例が描かれている。

メェークルやミルタンクのように、鹿や牛といった実在の動物を模しているポケモンの乳製品は想像がつくが、雪属性のユキカブリの体表に実るアイスなど、独創的なアイデアも。

ポケモンとの暮らしをつい想像してしまう、微笑ましい光景だ。

茉莉さんはそれ以外にも定期的にポケモンに関するファンアートをTwitterに投稿しており、その都度話題に。

最近行われた「ポケモンカードゲーム イラストグランプリ」で、5000以上ある応募の中から最後の50候補にまで残った実力の持ち主。

この可愛らしいポケモンイラストに、Twitterでは「書籍化されたら買うのに」 「自分もポケモン世界での食文化について時々考えます」 「ヤドンのしっぽが好こ」などのコメントが寄せられている。

吉谷篤樹

最終更新:7/18(木) 22:15
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事