ここから本文です

「久保に何でも訊いています」バルサB加入の安部裕葵が“初取材”で決意を語る!スペインの生活については…

7/18(木) 8:11配信

SOCCER DIGEST Web

笑いを誘う場面も!

 現地時間7月17日、鹿島アントラーズからバルセロナBに移籍した安部裕葵が、クラブ公式以外では初めてのメディア対応を行なった。
 
 バルサの選手としての最初の数日をどう過ごしているのだろうか? 地元メディアは、まずその関心を安部にぶつけた。
 
 バルサBに所属する最初の日本人選手は、「周りの反応などを見て、クラブの大きさを感じています」と返答。「想像していた通りでしたし、来てからも別に違和感なく、ここが自分の居場所だという思いで生活できています」と付け加えた。
 
 異国の地で順応できずに終わる日本人選手も少なくない。「どう適応していくつもりか」とお約束の質問が飛ぶと、安部は落ち着いてこうコメントした。
 
「食事などは、この3日間でだいぶ分かってきて対応できていますし、言葉に関しては、時間が解決してくれると思います。チームメイトもとてもフレンドリーで、いい人たちなので、とても助かります」
 
 そして、「何か、知っている言葉は?」と問われ、「あれ、最近、覚えたの、なんだっけ? ビスカ・バルサ?(”バルサ万歳”を意味するカタルーニャ語)」と答え、笑いを誘うシーンもあった。
 
「チームメイトとは簡単な会話程度ですね。サッカーは、言葉が通じなくてもみんな笑顔になれて、楽しめますし、絆みたいなものを感じられるので。スタッフには、チームの歴史だったり、そういったものを少し教わったりしています」
 
 バルサBには、安部と同様に、このプレシーズンから移籍してきたオランダ人選手が二人いるため、練習後には彼らとともにスペイン語の授業を受ける予定だという。
 
 この日、バルサBは午前と午後の2部練習が予定されており、安部はその間にメディア対応を行なった。午後の練習では、その様子が公開される予定になっていたが、午前中のセッションで右腰部をぶつけて腫れが引かないため、念のために、休息をとることになった。本人も「ちょっとぶつかっただけです」と言っており、明日には練習に復帰できる予定だ。

【PHOTO】久保建英、中島翔哉、冨安健洋のほかにも続々! 2019年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

1/2ページ

最終更新:7/18(木) 8:11
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事