ここから本文です

役者になるきっかけは復讐心!?【磯野大パーソナルインタビュー (1)】

7/18(木) 6:00配信

ザテレビジョン

東京ワンピースタワー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION “3”『PHANTOM』」(2017年)でのロロノア・ゾロ役を皮切りに、舞台「探偵東堂解の事件録 -大正浪漫探偵譚-」(2019年2月)では主役の東堂解を演じるなど、今注目の若手俳優・磯野大が、2019年6月14日より東京・品川プリンスホテル ステラボールにてスタートした「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」で大典太光世役に抜擢された。

「東京ワンピースタワー」時代は今も鮮烈に記憶に残っていると話す磯野大

ザテレビジョンでは、そんな磯野大のパーソナルインタビューを5回に分けてお届けする。

第1回では、磯野が役者になるきっかけや、役者として今も大事な核になっているという「東京ワンピースタワー」で学んだことを明かしてくれた。

■ 役者を目指したきっかけは“負けず嫌い”から

──まず最初に、役者を目指すようになったきっかけを教えてください。

磯野大:高校生の頃に原宿を歩いていたときにスカウトされたのが最初ですね。そのままその事務所の養成所に入ったんですけど、レッスンだけの日々で。後から調べたら、どうやらそこが”そういうところ”だったらしく…(苦笑)。でも僕、すごく負けず嫌いなんですよ。で、そこから火がついて「どうにか月謝分のお金を取り戻してやる!」って思ったのがきっかけです。

──復讐(ふくしゅう)心がきっかけの役者さんは珍しいのでは。

磯野:そうですね(笑)。でも講師だけはしっかりしていたのが幸いで、講師に気に入ってもらえて、仕事を紹介していただけて。ブライダルモデルとかいろいろやっていたんですけど、仕事としてはこの業界って本当に難しいなって痛感して。20歳の誕生日を迎えるのを機に、業界を辞めるかどうか悩みました。それを先生に相談したら、「東京ワンピースタワー」の役者をアテンドするアルバイトを紹介してくださって。そこでバイトをしながらショーを間近で見て刺激を受けて、自分もやってみたいって思うようになって。そこから色々あり、結果、リガットっていう役を頂いて。10カ月くらいやったんです。あるとき、トラガルファー・ロー役の方が足をケガしてしまって、代役を立てることになり。そこで僕に白羽の矢が立って、何も入ってない状態から1週間くらいの稽古で本番に臨んだんです。

──チャンスの到来が心機一転のきっかけに。

磯野:その時は純粋に「チャンスだ!」って思ったんですけど、その役をやっていくうちに、代役じゃなくてちゃんと自分の役をやりたいって思うようになって。そこからいろいろとあり、正式にロロノア・ゾロの役を頂きました。殺陣も初めてだったので、すごく練習しましたね。大変だったけど、メンバー全員と仲が良くて本当に仲間なんですよ。今でも遊ぶメンバーもいますし、来てくれたお客さんを含めて、すごく楽しい時間でしたね。

■ 卒業を迎え、再び訪れた挫折と新しい出会い

──アテンド時代を含め、3年間務めた「東京ワンピースタワー」で、一番印象に残っていることは?

磯野大:”人に見てもらうありがたさ”ですかね。お客さんが少ないときもあれば、満員のときもあって、モチベーションが変わってしまう。だからこそ”見てもらえること”のありがたみが分かりましたね。それを誰かに教えてもらうわけじゃなくて、「ワンピースタワー」を通して自分で気付けたのはすごくよかったなって思いました。

──そして「東京ワンピースタワー」の卒業を迎えることになりますが…。

磯野:一緒に演じていたメンバーは、卒業のちょっと前にオーディションを受けていて、次の仕事が決まっていく中、自分はオーディションを受けてもなかなか決まらなくて…。それならいっそこの業界を辞めるか、ってまた悩んだんです。

辞めるなら今まで応援してくれたファンの皆さんに感謝の気持ちを込めて最後にイベントをしてからフェードアウトしようと、イベントをするにあたり代理マネージャーを立てていたんですけど、そこに1通のメッセージが届いて。その差出人が、今所属している劇団アレン座(Allen suwaru)だったんです。(ザテレビジョン・取材・写真:岩永聡美)

最終更新:7/18(木) 19:07
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事