ここから本文です

座右の銘は「縁ありて花開き、恩ありて実を結ぶ」【磯野大パーソナルインタビュー (5)】

7/18(木) 7:00配信

ザテレビジョン

東京ワンピースタワー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION “3”『PHANTOM』」(2017年)でのロロノア・ゾロ役を皮切りに、舞台「探偵東堂解の事件録 -大正浪漫探偵譚-」(2019年2月)では主役の東堂解を演じるなど、今注目の若手俳優・磯野大が、2019年6月14日より東京・品川プリンスホテル ステラボールにてスタートした「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」で大典太光世役に抜擢された。

役者になるきっかけは復讐心!?【磯野大パーソナルインタビュー (1)】

ザテレビジョンでは、そんな磯野大のパーソナルインタビューを5回に分けてお届けする。

最終回となる第5回では、今後演じてみたい役など、未来のビジョンについて聞いた。出会いの縁とファンへの感謝を忘れない、人情味あふれる人柄に今後も注目していきたい。

■ 周囲に染まらず、無色でいたい

──今後、挑戦してみたい役はありますか?

磯野大:特にこれというのはなく、自分が気になる作品に出演していきたいと思っていますが、強いて言えば悪役を演じてみたいですね。深みがある役をやるにはまだまだ経験が浅くて、中身が伴ってないなと感じることがたくさんあるので、いろいろな役をやって経験を積みたい。役者のファンの方って目がすごくシビアだと思うので、納得してもらえるような演技ができるようになりたいですね。

──身近に個性派の役者さんがたくさんいらっしゃると思うんですが、磯野さんは周囲に染まらないところがありますよね。

磯野:それは、以前この仕事を辞めようって思ったときに、一回死んだと思っているんです。ファンの方にもう一回燃やしてもらった命だと思っていて。これからいろいろな役を頂く中で、もっともっと大きな役を頂いたときに、ファンが多いからいろいろな解釈があって、それと合致しないこともあるかもしれない。それで何かを言われてもブレないで、芯のある役者でいたい。だからこそ周囲に染まらず、無色でいたいんです。

■ 出会いを縁に変えて、精一杯の恩を返していく

──では最後に、読者へのメッセージをお願いします。

磯野:まず、このインタビューを読む時間を割いていただいてありがとうございます。時間を頂くことが当たり前じゃないと思っているので、俺自身に興味を持って、このインタビューを読んでいただいていることも全て含めてありがたいです。

”縁ありて花開き、恩ありて実を結ぶ”という言葉があるのですが、これが自分の座右の銘です。ご縁を頂いたことに感謝し、出会いを縁に変えて、精一杯の恩を返していくという意味なんです。自分自身、先生や先輩、そしてTwitterからたくさんのご縁をもらい、ファンの方が応援してくださっている現状があるので、全てのものに対して感謝をしたいと思っています。

今まで応援してくれた人に対して恥じないように、そしてこれからも全ての仕事に全力で取り組むし、これからも役者としてどう成長していくのか、温かく見守っていただけるとうれしいです。

■ 磯野大出演決定! 舞台『大正浪漫探偵譚-新作-』

2019年9月11日(水)~16日(月)、東京・あうるすぽっとにて、舞台『大正浪漫探偵譚-新作-』が上演される。

大正浪漫探偵譚シリーズとは、大正時代を背景とし、大正浪漫を生きた和製シャーロック・ホームズ東堂解が難事件を解く、新たな探偵推理劇シリーズ。

大正時代の波乱の日本で、強く、そして優雅に生きる人々の生活を活写し、犯罪組織、政府の陰謀をフィクションとして描くエンターテイメント推理劇。大正浪漫と呼ばれた優雅で気品あふれる衣服、形式美を、現代の舞台美術、衣装美術において創作、創造し、総合芸術としての舞台を作り上げ、芸術文化としての新たな演劇活動を展開し、大正という激動の時代との邂逅(かいこう)を企図している。

■ 舞台『大正浪漫探偵譚-新作-』STORY

東堂探偵事務所に一通の招待状が届いた。探偵である東堂解に、あるゲームに参加してほしいとのことだった。

助手の北早翔太、南澤譲と共に指定された場所へ行くと、そこには大富豪の大きなお屋敷があった。集められた人々と共に次々と出されるゲームをクリアしていく東堂たち。

しかしそこには、歴史に隠された大きな謎が存在していた。富豪は何のために東堂たちを集めたのか。隠された歴史の謎とは何か。仕掛けられた陰謀に、東堂たちが立ち向かう。

ろまたん史上最も危険な事件が、今幕を開ける──。

■ 舞台『大正浪漫探偵譚-新作-』公演概要

■舞台『大正浪漫探偵譚-新作-』

日程:2019年9月11日(水)~16日(月)

会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター) 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F

演出・脚本:鈴木茉美

キャスト:山本芳樹 (Studio Life)、永田聖一朗、鐘ヶ江洸、磯野大 (劇団アレン座)、田中尚輝、田渕法明、武藤賢人、栗田学武 (劇団アレン座)、渡邉嘉寿人 (VOYZ BOY)、レノ聡 (天才劇団バカバッカ)、栗原功平 (スーパー・エキセントリック・シアター)、松本慎也 (Studio Life)

▼チケット詳細

全席指定席

一般指定席:6500円(税込)

プレミアム前方席シート:8500円(税込) ※プレミアムシート特典:お好きなキャストの2Lブロマイド(全12種を予定)

最速先行発売(抽選形式):7月13日~7月21日(日)夜11:59

【チケット申し込みフォーム】カンフェティ https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=53606&(ザテレビジョン・取材・写真:岩永聡美)

最終更新:7/18(木) 19:08
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事