ここから本文です

4人目の妻・絵里(松井玲奈)が出現!シェアハウスから誰かが追放される<わたし旦那をシェアしてた>

7/18(木) 5:00配信

ザテレビジョン

ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)が、7月18日(木)に第3話を迎える。

【写真を見る】妊婦役の松井玲奈はふっくらしたお腹で登場!

本作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザー・晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)が、シェアハウスで共同生活をしながら、亡くなった“夫”の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。

■ これまでの展開は…?

食品会社の取締役として働く晴美は、恭平(平山浩行)と事実婚していた。ある日晴美のもとに、恭平が意識不明で病院に運ばれたという連絡が入る。急いで病院へ向かうと、恭平は危篤状態だった。

そこに「恭平の妻」だと名乗る加奈子、茜が現れる。3人の妻が顔を合わせてパニックになる中、恭平は息を引き取ってしまう。刑事から恭平は何者かに殺されたと告げられ、ショックを受ける3人。

恭平は自分の身に何かがあった場合、3人の妻をシングルマザー専用のシェアハウス“シングシングハウス”に迎えるようにと遺言を残していたことが発覚。さらに、恭平は3億円の遺産を残していた。シングシングハウスの管理人・文江(夏木マリ)は、“恭平が一番愛した人”に3億円を渡すと宣言する。

そうしてシェアハウスで暮らし始めた3人は、生活習慣が違うため、お互いのやり方が気に入らず、子供たちの前でも構わずに嫌味を言い合っていた。

そんな中、晴美に、モラハラが原因で離婚した元夫が突然復縁を申し出てくる。彼の目的が恭平の遺産である3億円だと分かると、対立していた3人は力を合わせて元夫を撃退。

シングルマザーという同じ境遇を過ごす彼女たちの間に微かな絆が生まれかけた矢先、第3話では、恭平の妻だと名乗る“第4の妻”・絵里(松井玲奈)が出現することに。

■ 第3話あらすじ

シングシングハウスに、入居を希望する女性・絵里がやってくる。彼女は、恭平の妻だと名乗る上、彼の子を妊娠していると話す。

突然現れた“第4の妻”に、晴美、加奈子、茜は動揺。一方絵里は、すぐにシングシングハウスでの暮らしに溶け込むようになる。

そんな様子を見ていた晴美は、シングシングハウスを出ていくと言い出してしまう。自分が一番恭平に愛されていたわけでもなく、3億円も手に入らないのなら、ここで暮らす必要がないと訴える。

しかし、文江は晴美が出ていくことを拒否。さらに文江は、“この中から1人、追放者を決める投票をする”という課題を言い渡す。(ザテレビジョン)

最終更新:7/18(木) 5:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事