ここから本文です

長嶋一茂、「これでよかったのかな…」悩みながらも過ごしてきた胸中を打ち明ける

7/18(木) 7:00配信

ザテレビジョン

7月18日(木)の「直撃!シンソウ坂上 2時間SP」(夜7:57-9:54、フジテレビ系)では、長嶋一茂を特集する。番組MCの坂上忍が一茂に直撃インタビューを行い、プライベートにも独占密着。国民的スーパースター・長嶋茂雄の息子である一茂の素顔に迫る。

【写真を見る】坂上忍が長嶋一茂の素顔に迫る

坂上の直撃インタビューは、都内一等地にある一茂の個人事務所で行われた。「人からどう見られているかって考えた時に、おそらく長嶋茂雄の息子として何不自由なく育っている人間だっていうのが第一に絶対くるわけですよ」と自己分析した一茂は、偉大すぎる父親との関係を告白。

父は世間のイメージとは異なり、家では寡黙だったという。早くから家を出て学校の寮に入った一茂は、家族全員での食事も、旅行に行った記憶もないと明かす。

また、幼少期から父に対しては親子でありながらも遠い存在だと感じていたが、プロ野球の世界に入り一茂が最初につけた背番号は父と同じ「3」。国民的スターである父の存在を、まさに背中に背負いながらのプロ生活。プロ入り6年目には、父が監督を務めるジャイアンツに移籍したが、父と会話を交わすことはほとんどなかったと語る一茂。

故障が原因で2軍生活が続いた一茂は、30歳でジャイアンツから戦力外通告を受け引退。この時一茂に引導を渡したのが父・茂雄だったことが明かされる。

「あの長嶋茂雄の息子として、これで良かったのかなという思いはすごくある」と胸中を吐露する一茂が、知られざる親子のエピソードを語り尽くす。

■ 母からの厳しい助言

一茂は今回のインタビューで、12年前に他界した母・亜希子さんへの思いもテレビ初告白。幼少期、誰よりも一茂と多くの時間を過ごしてくれた亜希子さん。

ドラフト1位指名を受け本人も自身の活躍を疑っていなかったが、亜希子さんだけは「あなたは2軍からスタートしなさい」と厳しい助言をしたという。当時の一茂はこの助言に聞く耳を持たなかったが、わずか9年後に引退する際に自分がプロ野球の世界を甘く見ていたことを実感、母の言葉を素直に受け入れることができなかったことを強く後悔した。

現役引退後、一茂は芸能界に進み、俳優業にも挑戦していく。2008年には自ら主演、さらには製作総指揮まで務めた映画「ポストマン」を公開する。

身銭をきってまで製作し、結果的に大赤字となってしまったこの映画には、一茂がどうしても亜希子さんに見せたいという執念が込められていた。その背景には、小学1年生の学芸会でのある出来事が関係していた。

■ 妻が怒っている時の対処法を伝授!

また、一茂は現役を引退する直前の30歳で「パニック障害」に襲われたことも激白。当時は狭い空間に入ると、そこから逃げ出せないような恐怖を覚え、車、新幹線、飛行機などに乗れず、突然襲われる過呼吸のためにポリ袋を手放せなかったと明かす。

タレント活動や俳優業を続けながら人知れず「パニック障害」と闘い続けていた一茂を救ったのは、愛する双子の娘たちだった。さらに、2019年で結婚20年を迎える一茂は、妻が怒っている時の対処法を坂上に伝授。「ウソも方便」という一茂の夫婦円満の秘訣(ひけつ)についても語る。

そして、一茂のプライベート密着取材では、番組収録時には控え室に入ってわずか5秒でメークを開始するほどせっかちな一面や、超多忙なスケジュールの中でも欠かさないトレーニング、さらには現役を引退した30歳から始めた空手のトレーニング風景などを伝えていく。(ザテレビジョン)

最終更新:7/18(木) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事