ここから本文です

<偽装不倫>葉子(仲間由紀恵)、ピンク頭の年下イケメン(瀬戸利樹)と“マジ不倫”が発覚し…【視聴熱TOP3】

7/18(木) 18:30配信

ザテレビジョン

webサイト「ザテレビジョン」では、7月17日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】鐘子(杏)姉・葉子(仲間由紀恵)の不倫が発覚した「偽装不倫」が1位

1位「偽装不倫」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)4450pt

7月17日に第2話を放送。既婚者のふりをして、思いがけず旅先の博多で丈(宮沢氷魚)と一夜を共にした鐘子(杏)。“偽装不倫”のきっかけになった姉・葉子(仲間由紀恵)の結婚指輪をなくしたことに気づき、ホテルに問い合わせるが、指輪は見つからない。

そんななか、鐘子は出張に出かけたはずの葉子を街で見かける。葉子は、年下の風太(瀬戸利樹)と不倫をしていた。葉子に「離婚するつもりはない」「指輪を返して」と言われた鐘子は、「姉の家庭を壊さないため」と言い訳しながら、指輪のことを知っているかもしれない丈の行方を探し、SNSを見つけて連絡をとり、会うことに。

いつもの地味な風貌とは違い、女らしく着飾った葉子は、ピンク頭の年下イケメンと不倫。一方、鐘子は偽装ではあるが、不倫なのに近づいてくる丈に不信感を抱いて気持ちにセーブをかけつつも、ますます惹かれていく。

博多で出会った時に話題にのぼった小説「銀河鉄道の夜」を読み、2人の名前が小説に出てくる登場人物と似ていると気付いた丈の話を聞き、鐘子は「ダメだ…好きだ…私、この人が好きだ」と心の中でつぶやく。そして、3年間がんばった婚活では何もなかったのに、「恋ができるんだ」と気付いたのだった。

なのに、夫の写真を見せてほしいと言われた鐘子は、葉子の夫・賢治(谷原章介)の写真を見せ、嘘を重ねてしまう。本当のことをなかなか言えない鐘子の恋模様に、視聴者からは「もどかしい」という声が寄せられた。

2位「なつぞら」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)3019pt

7月17日に第93話が放送された。日曜日が風車の定休日と知らずに来た夕見子(福地桃子)に、なつ(広瀬すず)は「せっかくだから一緒に休みを過ごそう」と言い、一緒に雪次郎(山田裕貴)のアパートを訪れる。そして、3人で映画を見に行き、帰りに川村屋に立ち寄る。

そこで、咲太郎(岡田将生)を慕っていたウエイトレス・佐知子(水谷果穂)が、マダムの光子(比嘉愛未)に紹介された見合いで生活が安定している人との結婚を決めたと聞き、なつは安心する。

すると、夕見子が「結局、女は結婚して生活の安定を得るのが一番だと、なつも思ってるの?」と問い掛ける。夕見子は「結婚をしなくても一緒に生きる道があればいい」と言う。

なつが「結婚ってなにさ」と戸惑っていると、光子があいさつしにくる。そして、咲太郎が会社をはじめたのは、「なっちゃんの開拓精神が、咲ちゃんの心も強くしたのよ」と語る光子に夕見子は「私も開拓精神がある」と言って、相談を持ち掛ける。夕見子はジャズ喫茶を開きたいと思っていた。

前話のラストで、坂場(中川大志)からアニメ制作を「一生をかけても、あなたと作りたいんです」と言われたなつ。その言葉を思い返しているところに現れた夕見子の結婚観にとまどう様子が描かれた。視聴者からは、夕見子の言動を心配する声も上がった。

3位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)2777pt

2018年4~6月に放送された連続ドラマの続編となる映画「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」が8月23日(金)に公開。それに伴う主演の田中圭らキャスト陣のインタビューの雑誌掲載も話題になり、ランクイン。

また、15日からはサントリー「伊右衛門 特茶」のコラボを展開中。田中が本作の主人公ではるたんこと、春田創一としてPRしており、伊右衛門 特茶の公式Twitterの投稿も注目された。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標

(ザテレビジョン)

最終更新:7/18(木) 18:38
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事