ここから本文です

相葉雅紀「ニノ(二宮和也)はあげたものを絶対に使ってくれる」【月刊「嵐」連載プレーバック】

7/18(木) 14:35配信

ザテレビジョン

月刊ザテレビジョンで掲載中の嵐の連載、月刊「嵐」。彼らのデビュー20周年を記念し、過去企画の中から“ペアトーク”を抜粋! 今回は櫻井翔×相葉雅紀ペアの後編を。

【写真を見る】「靴磨き」では、櫻井と相葉がどちらがきれいに磨けるか対決を!

●2012年8月号「カフェラテアート」

櫻井は“嵐”の文字に、相葉は“三毛猫”の絵に挑戦。櫻井は「一口飲んだら山がなくなって風になった」。

櫻井「相葉くんはそもそもコーヒー好きだよね。よく飲んでる」

相葉「大好きだね~!」

櫻井「嵐ではニノと相葉くんがよくコーヒー飲んでるって印象ある。俺も飲む方だけど、俺はソイラテ派でね。5人一緒の楽屋でよく見掛けるのはやっぱニノと相葉くんだな」

相葉「俺はお店で入れてもらうおいしいコーヒーも、手軽なインスタントコーヒーも全部好き。楽屋に用意してある“インスタント感”満載のものも、あれはあれで好きなんだよね(笑)」

櫻井「俺はやっぱりラテが好きだな。ソイラテに限らず、選べる場合はラテばっかり。きょうもアート以前に、ひきたての豆で入れたラテがホントおいしかった!」

相葉「俺はブラック派だね」

櫻井「ラテとかフレーバーコーヒーとか選べる店でも、いつもブラックコーヒーを頼んでるよね。ブラックコーヒー以外のメニューがあること知らなかったんでしょ?」

相葉「(目の前のラテに向かってペコリ)初めまして…いやいやいや。知ってるわ!(笑) こだわりがないくらい、ただコーヒーが好きなの。でもきょうは、おかげさまでラテのおいしさを知りましたね」

●2013年8月号「キャンディーアート」

ロリポップに“嵐”の文字をアレンジしてデコ。櫻井は“WE ARE”の文字を、相葉は“流れ星”を乗せた。

―月刊「嵐」の思い出トーク。

櫻井「相葉くんとやった企画といえば、ボクシング(2005年7月号)が印象に残ってるな。ボッコボコにされたんだよ(笑)」

相葉「アハハハハ。そんなひどいことしてないって。我が家は、弟がボクシングをやっていたから、そのときちょっと相手をしていたことがあるんだよね」

櫻井「マジ!?」

相葉「そうなの。小学校後半からずっと」

櫻井「すごいね」

相葉「あと、枕選び(2003年12月号、2009年10月号)も2人で2回行ったね」

櫻井「抱き枕、今でもリビングに置いてある(笑)。俺ら結構いい企画やらせてもらっているんだよね。ネギ料理(2011年6月号)も良かったし、カレーの回(2007年6月号)も余ったカレー持って帰らせてもらったし(笑)」

相葉「あとはヤマンバ(2007年3月号)ね(笑)」

櫻井「今後、あの企画は超えられないだろうな(笑)」

相葉「ムリムリ」

櫻井「だってさ、相葉くんのお母さん、気付いてくれなかったんだよね。月刊『嵐』の取材後に相葉くんの家に行って、お母さんに撮った写真を見せたら“誰? この子”って(笑)」

相葉「そうだった、そうだった」

櫻井「ヤマンバメークした相葉くん見て、女の子だと思ったんだっけ」

相葉「つい楽しくなってやっちゃったんだよね」

櫻井「もうないよ(笑)。ヤマンバ超えるには、この先もう全裸になるくらいしか」

相葉「お互いヌード撮り合っちゃう!?」

櫻井「そうでもしないと、ヤマンバ超えるなんてムリ!」

●2014年1月号「リラックス」

足ツボマッサージでは、余裕の相葉に対して櫻井は激痛にもん絶! 相葉も櫻井の足裏をマッサージ♪

――嵐にクリスマスプレゼントをあげるなら?

相葉「リーダーからいく?」

櫻井「大野智には、やっぱルアーでしょう。あって困らない」

相葉「間違いない。同感だね。ニノはどうしようか? ニノってさ、あげたものを絶対に使ってくれるんだよね」

櫻井「そうなると靴だね~。だって、まだサンダル履いてるからさ」

相葉「履いてる(笑)。誰かが靴をあげないと!」

櫻井「そうなんだよ。自分では買わないから。冬だからこれ履いてって渡さないと、彼の身なりに冬が来ない(笑)」

相葉「風邪でもひいたら大変だから、早めにあげたいね(笑)。松本さんにはやっぱサングラスかな」

櫻井「ええ!」

相葉「いっぱい持ってるけど、持ってるからこそさらに!ね」

櫻井「いくつあっても困らない」

相葉「自分じゃ選ばないようなのをあげたいですよ」

櫻井「相葉さん、僕には何くれます?」

相葉「そうだな、肩たたき券かな!」

櫻井「父の日か!って(笑)。きょうの相葉さんのマッサージ、ツボを心得てたからありがたいけどさ。じゃあ櫻井サンタから相葉さんへは、ニットキャップを」

相葉「お~!」

櫻井「相葉くんのニットキャップ姿を見ると、冬が来たって気になるんだよね。冬至みたいなもんだから(笑)」

相葉「あ、そう(笑)。いただいたらすぐにかぶりますよ」

櫻井「明るい色のニットキャップがいいかな!」

相葉「手編みでね」

櫻井「アハハハハ(笑)。全然できないから。(時間かかって)来年のプレゼントになっちゃうから! ヘタしたらネックウォーマーになっちゃうから」

■ マシュマロを食べると背が伸びる!?

●2015年3月号「焼きパーティー」

庭に用意したBBQセットの上で肉や野菜、リンゴなどを焼いて食べる。マシュマロも2人でハフハフ♪

相葉「マシュマロといえば、リーダーがさ」

櫻井「アハハハ(笑)、そうそう、一時期よく言ってた。“マシュマロ食べると背が伸びるんだよ”って」

相葉「あれ、何だったんだろうね? じゃあ食べればいいのに(笑)」

櫻井「自分は食べないんだよね」

相葉「そうは言いながらもきっと、本人も信じてなかったんだよ(笑)」

――今回、“や”で始まるテーマだったことについて。

相葉「良かったよね、“や”でヤマンバメークにならなくて(笑)」

櫻井「危なかったな~(笑)。くしくも、最初にヤマンバやった2人だ! いまだに携帯の中に、5人でやったヤマンバの写真入ってるよ。人に見せてほぼすべらない(笑)」

相葉「あれは最高だった(笑)」

●2016年6月号「お好み焼き」

“粉もの”、海鮮などを豪快に鉄板で焼きまくる。相葉は櫻井のためにと、たこ焼きは紅しょうがを多めに。

――大野主演「世界一難しい恋」(日本テレビ系)、松本主演「99.9―」(共に2016年、TBS系)のそれぞれ主題歌となった49thシングル「I seek/Daylight」についてトーク。

櫻井「大野さんが社長ねぇ(笑)」

相葉「カッコいいんだろうねぇ(笑)」

櫻井「楽しみだなぁ(笑)」

相葉「そうだね『Daylight』はきれいなメロディーだなっていう印象あるね」

櫻井「うんうん。ちょっと大人っぽいね…って、われわれ結構いい大人なんですけどね(笑)」

相葉「これ言わなきゃ。翔ちゃんのRapが入ってます!」

櫻井「ありがとうございます(笑)」

相葉「これは言っとかないと! シングルにRapが入るのも久しぶりなの?」

櫻井「うん。4年ぶりだってね。詞を作るために、自分が出ていないドラマの台本を初めて2冊ほど読みましたよ」

相葉「へー!」

櫻井「ドラマの世界観をつかむというか、『99.9―』の主人公の気持ちをね。深山(松本)の気持ちに沿った詞を書くという、もはや作家だよね(笑)」

相葉「すごいね! 俺は第2話、楽しみだなー。風間(俊介)が出てるから」

櫻井「あ! 友達出てるの?(笑)」

相葉「そうそう。友達が出てるの! ウチに来て(ドラマに出ることを)自慢してたんだよ。台本で深山はどんな感じだった?」

櫻井「当て書きだって聞いたけど、俺はあまりそうは感じなかったね。すごい新鮮な役に感じたよ。むしろ、マツジュンのイメージじゃないところに当ててるのかと思った。俺ね、今『99.9―』について結構しゃべれるから(笑)」

相葉「さすが(笑)」

櫻井「何かあったら『99.9―』のことは俺に聞いて(笑)」

●2018年12月号「着物」

自分で着付けを行った後、和装のマナーを学ぶ。櫻井はなで肩で着物が似合うと褒められニッコリ(笑)。

――お互いに大人になったという話題に…。

櫻井「相葉くんはね、お中元、お歳暮と季節のあいさつをしてくれる」

相葉「ああ、あれね(笑)」

櫻井「ここ2、3年ぐらいか」

相葉「そう…かな」

櫻井「相葉くんからいつもおいしいものいただいてます! いいそうめんとか」

相葉「いえいえ。何か季節のものを選ぶのが楽しいんだよね。自分の生活の中でも、土用の丑の日はウナギを食べるとか、お正月の後は七草がゆとかね」

櫻井「いいねぇ~! 粋だね~」

相葉「季節のものってやっぱりおいしいし、おいしいもの見つけると誰かに贈りたくなったりするよね」

櫻井「それ、大人だよ」

相葉「でも、翔くんも手土産よくくれるじゃん。あれ、大人ですよ」

櫻井「それ、俺も楽しいからっていうか、好きなんだよ(笑)」

相葉「2人でご飯食べに行って、帰りに手土産まで用意してくれるって、ステキだよ(笑)」

櫻井「年を重ねると、人に物をあげたくなるのかな」

相葉「あ! それだ(笑)」

●2019年5月号「靴磨き」

靴磨き対決は櫻井の勝利。相葉は櫻井に「これから(自分の靴磨きは)翔くんにお願いしようかな」。

――読者投票で、大野と櫻井の「絵心対決」の要望が多かったのだが…。

相葉「リーダーはプロだから簡単には出せないからなぁ(笑)。ということで、俺が名乗り出ました。デッカい絵、描くよ。デッカいキャンバス用意してもらいたいなー」

櫻井「ただ、あんまり楽しみにはしてほしくない(笑)」

相葉「アハハハ(笑)。絵の出来はそうだよね。でも、翔くんも歴史に残る作品、あるじゃん」

櫻井「そうですね。トトロとかね」

相葉「そうそうそう(笑)」

櫻井「まぁ、番組の企画で教えていただいたりして、ちょっと絵がうまくなった時期もあるんですけど…」

相葉「そ、そんな時期あったかなぁー(笑)」

櫻井「いやいや、実はね、東京・上野動物園で習いながら動物たちを描いて、少しうまくなった時期あったんですよ(笑)」

相葉「そうなんだ(笑)」

櫻井「そもそも絵心対決でしょ? うまいかうまくないかの対決ではないからね」

相葉「その通り(笑)」

櫻井「タッチの問題よ。芸術というのはそういうものでしょ。一体誰が判断するんだっていうね」

相葉「嵐の場合は、リーダーが判断するってことでいいんじゃない?」

櫻井「それだ!」

相葉「リーダーは見ればすぐ、どっちが描いた絵か分かるだろうね」

(ザテレビジョン)

最終更新:7/18(木) 14:35
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい