ここから本文です

レアル新加入FW、“憧れ”のストライカーを語る 「マジシャンのトリックのように…」

7/18(木) 8:50配信

Football ZONE web

フランクフルトから加入のFWヨビッチ、元ブラジル代表FWロナウドの“凄み”を解説

 今夏、フランクフルトからレアル・マドリードに加わったセルビア代表FWルカ・ヨビッチは、自身が子供の頃から憧れていたサッカー選手を告白。レアルOBでもある元ブラジル代表FWロナウドの名前を挙げ、「マジシャンのトリックのように速かったことを覚えている」と“怪物”と呼ばれたストライカーの凄みを解説した。スペイン紙「AS」が報じている。

 日本代表MF久保建英らとともにカナダでプレシーズンのトレーニングを行っているヨビッチは「AS」のインタビューに答え、彼の人生やこれまでのキャリア、与えられたアドバイス、夢などについて言及。そのなかで子供の頃に憧れていた選手を明かした。

 その選手とは、元ブラジル代表で“フェノメノ(怪物)”の愛称で知られたロナウドだ。「僕がどうしてストライカーとしてプレーし始めたのかは分からない。だけど、ずっと得点に夢中になっていたんだ」と振り返るヨビッチは、自分の家にあったビデオがストライカーというポジションに魅了されるきっかけとなったと語った。

「僕が子供の頃は、2006年までのあらゆるワールドカップのすべてのゴールをまとめた2つのVHS(ビデオ)を持っていた。90年のW杯で元カメルーン代表FWロジェ・ミラに魅了されたのを覚えているし、もちろんロナウドもそうだ。オリジナルのロナウドだよ」

 またヨビッチは「僕は、ロナウドがGKに対してどのようにシザースのドリブルをしているかに夢中になった。マジシャンのトリックのように速かったことを覚えているよ。ロナウドはとても簡単そうにフットボールをしていたんだ」とロナウドの凄みを解説している。

 自分自身については「人生で誰もが何かの才能を持っている。そして、僕自身は得点を取ること」と語ったヨビッチ。ロナウドを見て育ったストライカーは、抜群の得点感覚を武器に、新たな舞台でスターになるための一歩を踏み出そうとしている。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/18(木) 8:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事