ここから本文です

G大阪復帰の宇佐美貴史、新リーダーへの覚悟 「長谷部さん、ヤットさんとは違う」

7/18(木) 10:30配信

Football ZONE web

【インタビュー①】3年ぶりに古巣へ復帰した宇佐美 一番の決め手は…

 ガンバ大阪にあの男が帰ってきた。6月24日、ドイツ1部アウクスブルクからFW宇佐美貴史が完全移籍で加入すると発表された。3年ぶりの古巣復帰で、最短で7月20日のアウェー・名古屋グランパス戦からの出場となる。ドイツでの戦いを終え、日本に帰国した宇佐美は何を思うのか。発表から間もない頃、大阪府吹田市の万博練習場で汗を流す宇佐美を直撃。全4回で宇佐美が思い描く現在、過去、未来をお届けする。第1回は「G大阪に懸ける思い」――。

【写真】G大阪の守護神・東口が公開した、宇佐美貴史の復帰を歓迎する“矛×盾”ショット

   ◇   ◇   ◇

 3年ぶりの古巣はまた違った姿をしていた。2016年6月25日、移籍前のセレモニー。本拠地のピッチ中央でスポットライトを浴びた宇佐美はこう言った。「どんなにボロボロになっても頑張りたい。でも、いつかこのクラブで引退できればそれ以上に幸せなことはない。一番、やれるんじゃないか、という時に帰ってきたい」。あれからドイツへ渡り、アウクスブルクで1年、デュッセルドルフで2年過ごした。自身も変化したが、G大阪もまた姿を変えていた。

「まだ実感ないけどね、練習参加しているっていう感じ。知らん選手も多いし、若い選手多くなってちょっと自分に対して違和感。だって、すごい挨拶されるし! 『お疲れさまです』とか言われると、すごい違和感やね」

 27歳。サッカー選手として脂が乗った一番いい時期。宇佐美はなぜG大阪へ戻ってきたのか。一番の決め手は一体なんだったのか。

「一番の決め手……まあ欲を言えばもう少し、長く欧州でやっていたかったのは理想としてあった。そういうチャンスを自分自身で作っていけなかった。自分自身の力不足が招いた結果であることは大前提であって、プラスアルファとしては(G大阪に)長いスパンで『必要とされる状態で帰りたい』という思いがあった。一番必要とされる時、となると、“今”じゃないかなという。ヨボヨボになって帰ってくるつもりはなかったから。順位的にも今はちょっと上がったけど、俺が(移籍を)決めた時は下から二番目やった。ここから上げていけるかなという期待と自信と不安もあったし、必要とされる喜びもあった。全部重なって、決断しました」

1/2ページ

最終更新:8/2(金) 17:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事