ここから本文です

ポルティモネンセ移籍の安西幸輝、鹿島DF内田篤人に憧れ背番号「22」スタートを選択

7/18(木) 21:20配信

Football ZONE web

鹿島からポルトガルリーグへ移籍 初の海外挑戦で「チームを助けたい」

 J1鹿島アントラーズからポルトガル1部ポルティモネンセに完全移籍した日本代表DF安西幸輝が現地時間17日、ホームタウンのポルティモンで入団会見を行った。新背番号は憧れの元日本代表DF内田篤人(鹿島)が海外初挑戦時にもつけていた「22」に決まった。

【画像】憧れの先輩・内田篤人と同じ背番号「22」を掲げる安西幸輝の入団会見ショット

 安西は2014年に東京ヴェルディでプロデビュー。18年に鹿島に加入し、レギュラーに定着した。左右両サイドで高いレベルのプレーを披露するマルチロールで、今年3月には日本代表デビューも飾った。

 そして、初の海外挑戦の舞台は日本代表MF中島翔哉(現ポルト)もプレーしたポルトガルのポルティモネンセに決まった。

 クラブのメインスポンサーである株式会社セレモニーの代表取締役社長・志賀司氏も駆けつけたなか、現地で入団会見を行いユニフォーム姿のお披露目をした安西。「実際にポルティモンに来て、ご飯もすごく美味しいし、海が近くにあり、街の風景もすごく気に入りました」と、ホームタウンの環境に好印象を持ったようだ。

 安西はさらに「チームの雰囲気は明るい選手が多く、すぐに溶け込めました。今シーズンは1試合でも多く試合に出て、チームを助けたいと思っています」と新天地での意気込みも口にした。

 また、新天地での背番号は鹿島と同じ「22」に決定した。選んだ理由について「(内田)篤人くんが海外に初めて行った時も22番だったのでそれにしました」と語っている。憧れの先輩と同じように欧州で飛躍を遂げることはできるのか。24歳の新たな挑戦に注目だ。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/18(木) 21:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事