ここから本文です

異色の「自転車列車」、愛好者と育てる手作り感

7/18(木) 5:00配信

東洋経済オンライン

 房総半島を、ユニークな電車が走っている。JR東日本千葉支社が2018年1月から運行している「B.B.BASE」だ。B.B.BASEとは、「BOSO BICYCLE BASE」の略。ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツサイクルとともに乗車し、房総半島でサイクリングを楽しむための専用列車だ。両国駅の地平ホームを起点に、週末を中心に内房コース、外房コース、銚子コースなど4コースが運行されている。

この記事の写真を見る

 自転車がブームと言われて久しいが、なぜ今、スポーツサイクルに特化した列車が登場したのだろうか。

■サイクルトレインの本格開始は2014年

 「千葉県東部に安定して人を呼び込むための、自転車と鉄道による新しい旅として提案させていただきました」

 そう語るのは、JR東日本千葉支社企画・地域共創課の利渉敏江氏だ。千葉県を訪れる観光客の数はここ数年増加傾向だが、賑わいは船橋、松戸といった県西部に集中している。2017年度の千葉県観光入込調査報告書によれば、館山、安房鴨川といった南房総を訪れる観光客は、千葉県全体の6.5%にすぎない。鉄道も、東京湾アクアラインや館山自動車道など道路交通の整備に押され、内房線の特急「さざなみ」が減便・短縮されるなど苦戦が続いている。「鉄道と自転車を組み合わせ、地域の人々とつながりをもつことで千葉県東部の交流人口を増やし、鉄道の利用客増にも結びつけたいと考えたのです」(利渉氏)

 千葉県は、もともとサイクルスポーツが盛んな地域だ。毎年春と秋を中心に「ツール・ド・ちば」や「GREAT EARTH千葉南房総ライド」など、さまざまなサイクリングイベントが催されている。JR東日本千葉支社は、2009年ごろに、こうしたイベントに合わせて臨時のサイクルトレインを運行したことがあったが、その後はしばらく途絶えていた。

 サイクルトレインが本格的に始まったのは、2014年からだ。前年に、南房総の自治体とJRによって「南房総観光連盟」が設立され、サイクルツーリズムが柱のひとつとして注目されたのである。

1/4ページ

最終更新:7/19(金) 12:13
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事