ここから本文です

ユベントスGK、CL出場の“ポルトガル王者”に移籍へ「エキサイティングな冒険。来季が待ちきれない」

7/18(木) 11:00配信

フットボールチャンネル

 ユベントスに所属する26歳の元イタリア代表GKマッティア・ペリンが、ポルトガル1部のベンフィカに移籍することで合意した。17日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 同メディアによると、移籍金1500万ユーロ(約18億2000万円)でクラブ間合意に達し、ベンフィカと5年契約を結ぶ見通しになったという。ペリンは「これはエキサイティングな冒険だ。だから、来季が待ちきれない。ユベントスには大変感謝している。これまで、ユベントスで学んだことを発揮したいと思っている」と、来季に向けた意気込みを語っている。

 2018年7月にジェノアからユベントスに加入したペリン。だが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーが正守護神として活躍したため、ペリンの出場は公式戦9試合だけにとどまった。移籍先とされるベンフィカはリーグ優勝を果たし、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。ペリンにとっても、大きな挑戦となりそうだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/18(木) 11:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事