ここから本文です

参院選で「れいわ」を応援、脳科学者・茂木健一郎氏が語る“山本太郎という男”

7/18(木) 6:01配信

デイリー新潮

 参議院議員選挙もいよいよ終盤に入った。テレビでは放送されないものの、ネット上で注目されているのが、山本太郎(44)率いる「れいわ新選組」だ。

 4月に結党し、ネットで寄付金募集を呼びかけるや、3カ月余りで3億円超を集めたという。各地で開催される街頭演説には連日、多くの聴衆が詰めかけている。いまや与野党も無視できないほど勢い付いているのだ。

 そこで7月12日に開催された「れいわ祭」の応援弁士としてステージに上がった脳科学者の茂木健一郎氏(56)に、彼らを推す理由を聞いてみた。

 ***

 彼らの街頭演説「れいわ祭」は品川駅港南口のロータリーで開催された。山本氏はじめとする10名の候補者はもちろん、司会は女優の木内みどりが務め、ミュージシャンのSUGIZO氏、作家の島田雅彦氏、そして茂木氏が応援の弁士として駆けつけた。ロータリーは、周辺の階段や橋の上まで、一説には数千人が集まったとされる。その様子はYouTubeでも見られるが、確かに鈴なりの人だかりで、盛り上がっていた。

 中でも一風変わった応援をしたのが茂木氏だった。まず、聴衆に呼びかける。

〈皆さん、ちょっとここで質問です。日本ってね、他人のことをこんなに揶揄したり、引きずり下ろそうとしたりする人ばっかりの国だったっけ?〉

「違ーう!」と、答える聴衆の声はかなり若い。

〈違うよね。日本ってこんなにお隣の国のことの悪口言ったりとか、いろいろ意地悪するような国だったっけ? もっと優しい国じゃないですか? 我々、十人十色。なんで今、優しくなれないんですか? 何でですか? ひとりひとりが大事にされてないからじゃないですか? ひとりひとりが大事にされてないから、他人に優しくできないんじゃないんですか?〉

「そうだー!」

〈幸福ってのはさ、脳科学的に言うと、「幸せ」っていうのは自分がたっぷり受け止めて初めて人に与えられるんですよ。(中略)僕ね、難しいことはわかりません。山本太郎さんが今回ね、出してるメッセージは「日本人を元気にするために、そして日本人をもっと、本来の日本の、優しくて他人に思いやりがあって多様性を大事にする国にするために、まずはひとりひとりを大事にしましょう」と、このメッセージだと思うんですよ。〉

「そうだー!」と、会場を盛り上げた茂木氏、何を考えたか山本氏をステージ上に呼び、対談を始めたのである。あれ、これって応援演説なの? 茂木先生に聞いた。

1/3ページ

最終更新:7/18(木) 6:01
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事