ここから本文です

「私立校甲子園未出場地区」徳島県。 生光学園は歴史を変えられるか

7/18(木) 6:37配信

webスポルティーバ

47都道府県のなかで、私立校の甲子園出場がない県がひとつだけある──。

 新元号最初の甲子園出場を懸けた、各都道府県大会が盛り上がりを見せている。夏の高校野球シーズンになると、必ずと言っていいほど語られる豆知識がある。それが「私立校未出場地区」の存在だ。

まさかの名将退任→元プロ監督就任。如水館は最悪の雰囲気から甦った

 春夏通じて私立の甲子園出場がないのは、全国でただひとつ、徳島だけ。さらに、徳島県内の私立校で硬式野球部があるのは、生光学園のみだ。

 徳島唯一の私立野球部である生光学園は、武田久(元・日本ハム、現・日本通運選手兼コーチ)、木下雄介(中日)ら4名のプロ野球選手を輩出するなど、県内でも強豪として名高い。秋春の四国大会にも毎年のように出場するなど、「あとは甲子園に行くだけ」と言っても大げさではない位置にいる。

 夏の徳島大会の決勝進出は、計3度。最初に甲子園に王手をかけたのは、武田久がエースだった1995年。2度目が2011年だった。1回目の1995年と、2011年には大きな違いがある。それが、系列の生光学園中の野球部である「生光学園ヤング」の存在だ。

 中学硬式野球の連盟である「ヤングリーグ」に加盟し、硬式野球部として活動行なっている。今でこそ全国で見られる体制だが、発足した2006年当時は先駆けともいえる取り組みだった。現在、副部長として高校野球部の指導に携わる橋本陽平(ようへい)が説明する。

「私立校の数自体が少ないのもありますが、徳島は"公立志向"が強い地域なんです。地元のいい選手に来てもらいたいと思っても、公立の強豪の存在が大きくてむずかしい。それなら、自分たちで育てていこうという考えから、中学の硬式野球部を立ち上げたんです」

 中学生が硬式野球をプレーする場合、学校外のクラブチームに所属するのが一般的だ。しかし、練習が週末にしか行えない、授業が終わった後、練習場への移動に時間がかかるなど、部活動に比べて制約が多い面もある。硬式チームでありながら、部活動として活動できる生光学園ヤングは画期的な存在だった。

1/4ページ

最終更新:7/18(木) 6:37
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事