ここから本文です

安室奈美恵の花火ショー、本人降臨の可能性は?

7/19(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「ホンモノが見られるかもしれない…」、「同じ時間、同じ場所にいられたら最高に幸せ」。昨年9月に惜しまれながら引退した安室奈美恵さん(41才)に、沖縄県内では、こんな声が日増しに高まっている。

 引退からちょうど1年の9月16日に、安室さんの楽曲に合わせた音と光の花火ショー、『WE ○(ハートマーク) NAMIE HANABI SHOW』が開催されることが決定したのだ。

 このショーは、昨年安室さんを送り出すためにセブン-イレブンと沖縄タイムス社が共同で企画したイベントで、浴衣姿の安室さんがお忍びで来場したことで話題となった。今年も故郷の宜野湾市で開催されることから、来場を期待するファンが胸を躍らせているというわけだ。

 公にアナウンスされているわけではないが、期待が高まるには理由がある。

「昨年の引退時、沖縄県内は安室さんのポスターが張られたり、感謝のメッセージボードが設置されるなど、安室さん一色に染まりました。琉球新報の本社ビルの外壁には、17mの巨大な安室さんの写真が掲載された。安室さんは沖縄県民の象徴のような存在で、県民みんなに愛されているんです」(沖縄県在住の安室さんファン)

 宜野湾市では、市観光振興協会の主導で、安室さんにまつわる品々を常設展示する「安室奈美恵ミュージアム」を開設する構想も進んでおり、沖縄県民の“アムロ愛”はますます熱くなるばかり。しかもこの愛、一方通行ではない。

「安室さんは“地元・沖縄に恩返しがしたい。自分がいなくなった後でも貢献したい”とおっしゃっていて、今年の花火ショーは、その思いを引き継ぐ形で実現に至ったんです。県民の声に応えて会場に現れる可能性も、ゼロとは言い切れません」(運営関係者)

 花火ショーは昨年同様、Huluでのライブ配信が予定されており、昨年と同じ1万2000発の花火が打ち上げられる。もしかすると、花火の一瞬の煌きの下に、浴衣姿の安室さんの姿が映し出されるかも!

※女性セブン2019年8月1日号

最終更新:7/19(金) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事