ここから本文です

ペイ乱立に疲弊してSuicaに回帰も… 「私のスマホ決済」整理術

7/19(金) 15:00配信

マネーポストWEB

 7月1日、QRコード決済の7payとファミペイがスタートした。すでにLINE pay、PayPay、メルペイなど、多くのQRコード決済が普及しており乱立状態だったが、さらに選択肢が増えた格好だ。

 一方、従来型のApple PayやGoogle Pay、Suica、PASMOなどの非接触IC系の決済方式や、日本独自の規格FeliCaによる「おサイフケータイ」勢の存在も忘れてはならない。ざっと紹介しただけでも、キャッシュレス決済のパターンは多数あり、ユーザーとしてはその管理をどうするか、頭を悩ませているところだろう。

 30代男性会社員のAさんもその一人。「新しいペイを試すのも使うのも、もう疲れた」と最近の“ペイ祭り”ともいえる状況に辟易としている。

「最初は還元キャンペーンはお得だと思い、色々と試してみましたが、最近は新しいQRコードを導入するのも面倒くさい。レジでのアプリ起動も、たまにもたついてしまうことがあるので、かかっている時間的には、現金で小銭を出すのとあまり変わりないんじゃないかと思います」

 そんなAさんにとって、「改めて魅力を感じた」というのは意外にもキャッシュレス決済の定番ともいえる「Suica」だったという。なぜなのか。

「QRコードのように余計なステップがなく、店舗だけでなく鉄道なども使えるなど汎用性が高いSuicaは本当に便利なんだと再確認しました。今はもう、支払い系を全部Suicaに統一しようかなと考えています。改めて非接触型の偉大さを知りましたし、原点回帰になりそうです」(Aさん)

 日常的にキャッシュレス決済を活用している20代の大学院生のBさん(男性)も、「Suicaはマスト」としながら、自らのスマホ決済の整理事情を話す。

「せっかく大きい財布や煩わしい小銭から解放されたのに、スマホはアプリだらけ。いくら還元があっても、決済方式選択が面倒くさい。レジ前で決済選択に苦戦している人もよく見かけます。最近は、Apple Payにクレカに紐づかせたQUICPayとSuicaを入れて、QRコード決済はPayPayかLINE payに絞っています。これで事足ります。もうむやみに新しいものに手を出さなくても、これでほとんどのところで決済できるので満足しています」

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 15:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事