ここから本文です

新ブラウザ「Biscuit」が便利!アプリ整理、複数のSNSアカウントの切り替えがサクサク

7/19(金) 12:01配信

ライフハッカー[日本版]

GoogleカレンダーやSlack、Trelloといったサービスは日々の業務効率化に貢献してくれています。

【全画像をみる】新ブラウザ「Biscuit」が便利!アプリ整理、複数のSNSアカウントの切り替えがサクサク

でも、利用するアプリが増えれば増えるほど、目的にたどり着くまでのコストが増してしまい、かえって生産性が下がっているんじゃないか…と感じることもありました。

アプリがうまく整理できれば、つまりシーンに応じて絞り込みができれば、もっと目の前のタスクに集中できるはず。そんな使い方ができそうな新しいブラウザが登場。6月21日にリリースされた「Biscuit(ビスケット)」の使い勝手をレビューします。

Biscuitは、シーンに応じたアプリを追加できる

ヒトは拡張性があればあるほど要らないものまで詰め込んでしまうもの。

「Biscuit」が備えているのはいまのところ、グループごとにアプリが管理できるサイドバーのみで(ブックマークや履歴機能すら見当たりません)、気の散りようがありません。

設定や操作もシンプルで、業務や趣味ごとにグループを作って、各シーンで利用するアプリを追加していくだけです。

タブを自動で整理してくれる

アプリを利用するたびに、次々とタブを開いてしまうのが一般的なタブブラウザの宿命。タブをおまとめできる「Vivaldi」のようなブラウザもありますが、「Biscuit」ではタブが自動で整理されます。

タブとして表示されるのは今使っているアプリと、そのアプリ内で開いたページのみ。

たとえば、Gmail内のリンクを開くと、WebページはGmailタブの横に表示されます。別アプリを使うときには、ごっそりタブ環境も切り替わります。

SNSの複数アカウント運用に最適

SNSやサービスを複数アカウントで使い分けている方、アカウントやブラウザのプロファイルを切り替えて使うのは少し煩雑ですよね。

「Biscuit」なら追加したアプリはそれぞれ別のものとして扱えますので、複数アカウントの運用が楽になります。

新着通知がわかりやすい

アプリの通知をオンに設定すると、アイコン横の緑丸で新着を知らせてくれます。未読数のバッジではないのも圧迫感がなくてツボかもしれません。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 17:41
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事