ここから本文です

日本酒とフルーツの相性 甘い果物には辛口のお酒がマッチ!?

7/19(金) 12:00配信

オーヴォ

 FARM8(新潟県長岡市)は、日本酒をフルーツと合わせて飲む際に、日本酒のタイプや果物の種類などの組み合わせによって相性に違いが出るのかを調査した。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 果物にはかんきつ系やベリー系、果肉系、うり系などさまざまな種類があり、日本酒にも、甘口、辛口、香りが高いもの、味わいが濃厚なものなどいろいろある──今回の調査では、それぞれどのような組み合わせが飲みやすくなるのかを探っている。日本酒の好きな人、これを参考にして、フルーツを“つまみ”に飲むのはいかが?

 調査結果をまとめると…。

【食中酒として好まれる爽酒(本醸造・普通酒)がフルーツとの相性が良い】

 まず、フルーツ全般と合わせて飲む場合に合う日本酒として、一般的に良いとされるのは控えめな香りで淡い味わいの「爽酒」と呼ばれるお酒で、本醸造や普通酒のお酒に多い特徴。これらは普段、食中酒として食事と一緒に楽しまれることが多く、逆に香りの高いお酒や味わい深いお酒は、お酒だけで飲んでもおいしく楽しめると言われている。

【果肉の甘い果物と辛口の日本酒の相性が良い】

 桃やリンゴ、洋梨のように、果肉が甘くフルーティな果物には、辛口のお酒がマッチ。甘い果実とお酒の酸味を合わせることで、甘みと香りが引き立つ。

【かんきつ系・ベリー系の果物と甘口の日本酒の相性が良い】

 ゆず、レモン、オレンジなどのかんきつ系、そしてイチゴやブルーベリーなどのベリー系の果物には、甘口のお酒がマッチ。お酒の甘さと果実の酸味が合わさり、果実感が感じられる味わいになる。

最終更新:7/19(金) 12:00
オーヴォ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事