ここから本文です

昭和の幕を閉じた曲 平成元年の「川の流れのように」(美空ひばり)【柴那典 平成ヒット曲史】

7/19(金) 17:00配信

Book Bang

平成とは、どのような時代だったのか――。
その手がかりを、各年を象徴する曲に探る「平成ヒット曲史」。
プロデューサーの時代、タイアップ全盛、「自分らしさ」、史上1番CDが売れた年……ヒット曲は諸行無常の調べ。音楽ジャーナリストが、ポップ・ミュージックを通して“平成”という時代に迫ります。
第1回は、美空ひばりの「川の流れのように」です。

昭和が終わった翌日に

「平成の我 新海に流れつき 命の歌よ 穏やかに……」
 1989年1月8日、美空ひばりは、そう詠んだ。
 前日に昭和天皇が崩御し、新たな元号が「平成」と決定した。世間は慌ただしく、重苦しい雰囲気に包まれていた。
 自粛ムードは、天皇陛下の体調悪化が報じられた前年の秋から続いていた。メディアだけでなく、その影響は市民生活にまで広がった。バラエティ番組は差し替えられ、各地のお祭りや忘年会、新年会も自粛が相次いだ。
 崩御から2日間は、テレビは追悼特番とニュースだけの編成となった。CMも中止となった。全国の学校には、6日間は服喪にあたって弔旗をかかげ、歌舞音曲を伴う行事を差し控えるよう文部省から通達が出された。コンサートや演劇、寄席なども各地で中止や延期となった。
 世の中が大きく動く中、美空ひばりは、まるで一人台風の目の中にいるかのような、泰然とした言葉を残している。
 シングル『川の流れのように』が発売されたのは、その3日後の1月11日のことだ。

 知らず知らず歩いて来た 細く長い この道
 振り返れば 遥か遠く 故郷が見える
 でこぼこ道や 曲がりくねった道
 地図さえない それもまた人生
 ああ川の流れのように ゆるやかに
 いくつも 時代は過ぎて
 ああ川の流れのように とめどなく
 空が黄昏に 染まるだけ

 おそらく、美空ひばりは確信していたのだろう。
 この歌が人々の記憶に強く焼き付いて残っていく、ということを。「知らず知らず歩いて来た 細く長い この道」という歌詞が、自身の人生を、そして一つの時代を象徴する言葉になっていくだろう、ということを。
 美空ひばりは、かねてから原稿用紙や便箋や色紙、雑記帳のようなノートに、思いついた詩や歌、散文、日記などを、日々書き綴っていた。自伝『川の流れのように』(集英社)には、それら数々の記述がまとめられている。そこからは、国民的スターとしての「美空ひばり」の役割を真っ向から引き受け、その運命に身を投じようとする彼女の姿が垣間見える。雑誌「鳩よ!」1989年1月号には、こんな言葉が掲載されている。

 私だって人間だもの さびしい時だってある
 悲しくって大声で叫びたい時だってある
 しかしそれは私には許されない
 なぜって私は「ひばり」だから
 いつも私はひとりぼっち

 すでに病は身体を重く蝕んでいた。
 前年の1988年4月11日には、長期の入院と療養を経た復帰公演となるコンサート「不死鳥/美空ひばり in TOKYO DOME 翔ぶ!!  新しき空に向かって」が開催された。しかし体調は万全ではなかった。楽屋には、簡易ベッドと共に医師も控えていた。全39曲を歌いきったが、公演を境に病状はさらに悪化する。
 そんな中、再起をかけたアルバム『不死鳥パートII』の収録曲としてレコーディングされたのが「川の流れのように」だった。
 当初、制作側では「ハハハ」というノリのいい曲をシングル候補にしていた。しかし、これまで常にスタッフの意見を尊重してきたひばりが「これだけは私に決めさせて」と強く主張し、12月1日にリリースされたアルバムから、この曲がシングルカットされる。
 そして、これが生涯最後の曲となった。

1/4ページ

最終更新:7/19(金) 17:00
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事