ここから本文です

ヴァレクストラから、ロス・ラブグローブが月面着陸をイメージしたブーツを発表。

7/19(金) 18:30配信

Casa BRUTUS.com

ミラノのラグジュアリーレザーブランドが、有機的なデザインで知られる世界的デザイナーにブーツのデザインを頼んだら…?

創業80周年を迎えたイタリアのラグジュアリーレザーブランド〈Valextra〉が、人類史上初の月面着陸50周年を記念して、人間工学に基づいたブーツを発表した。その名も《Izon LAnder(アイゾン ランダー)》=月面着陸。

手がけたのはイギリス人デザイナー、ロス・ラブグローブ。自然界から着想を得た大胆で有機的なデザインで知られ、カルテル、ハーマンミラー、アルテミデ、イッセイミヤケなど、世界のブランドと協働する著名デザイナーだ。

「月の地平線から地球を振り返ったときのことを想像してみてください。きっととても美しく、心に信じられないほどの感動が起こるでしょう」ブーツをめぐる螺旋は、そんな地平線をイメージしたもの。靴底に刻まれた足跡は、月面着陸への賛美だ。

人間工学に基づいた形状により、ヴァレクストラならではのやわらかいレザーがぴたっと足に密着。快適な履き心地も魅力的だ。

ロス・ラブグローブ
1953年イギリス生まれ。1980年代前半よりデザイナーとして活動。1988年発表の《RLチェア》が出世作。ニューヨーク近代美術館、ロンドンデザインミュージアム、グッゲンハイム美術館など世界の美術館が作品を所蔵する。

text_Housekeeper

最終更新:7/19(金) 18:30
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事