ここから本文です

EUの産みの親は「日系人」 今さら聞けないブレグジット 1

7/19(金) 4:30配信

Japan In-depth

【まとめ】

・ヨーロッパとは幾多の民族が割拠、互いに侵略を繰り返した歴史。
・ヨーロッパ統合思想の先駆けとされた伯爵は日本の血を引いていた。
・日本人の同胞・青山栄次郎はヨーロッパ統合運動の歴史で重要人物。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depth https://japan-indepth.jp/?p=46933 のサイトでお読みください。】

読者の中には、観光やビジネスでヨーロッパを訪れた経験をお持ちの方も、相当数おられることと思う。しかし、「ヨーロッパとは具体的にどこからどこまでか?」と問われて即答できる人が、どれほどいるだろうか。

ヨーロッパの語源については諸説あるが、私なりにもっとも信が置けると考えているのは、古代フェニキア語で「日の沈む土地=西の方」あるいは「夜」を意味するエレブだとする説である。

なぜこの説を支持するかと言うと、エレブの反対語、すなわち「日の昇る土地」を意味するアシュという単語が、アジアの語源であると広く信じられているからだ。

紀元前8世紀頃から、まずギリシャにおいて都市国家が形成され、やがて地中海沿岸部に、いくつかの「植民都市」が作られた。その後、紀元前1世紀にはローマがギリシャを征服し、新たに地中海世界の覇者となる。

このローマが4世紀までにキリスト教化されたことから、やがて「キリスト教文化圏」としてのヨーロッパが形成されて行くのだが、神々の世界の話ではない地上の政治史はかなり複雑で、「北方においてはロシア、南方においてはトルコとの境界までの領域がヨーロッパである」との考え方が根付いたのは、ようやく19世紀になってからの話であるとされている。

いずれにせよ、世界地図か地球儀を見ていただければ一目瞭然だが、ヨーロッパ大陸などと呼ばれても、地球的規模で見たならば、決して広い領域ではない。そこに幾多の民族が割拠し、互いに侵略を繰り返してきた歴史こそ、ヨーロッパの歴史そのものなのである。

国民国家という概念は、たかだかここ200年くらいの間に形成されたものだが、それでもフランスとドイツとの国境地帯に暮らす人たちなど、
「先祖を4代さかのぼると5回国籍が変わっている」といった例まで見受けられる。いつしか、「ヨーロッパ大陸から国境を取り除くことができれば、人々は戦争の恐怖から解放されるのではないか」と考える人が出てきても不思議はない。

近代におけるヨーロッパ統合思想の先駆けとされるのは、オーストリア=ハンガリー二重帝国のリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー伯爵(1894~1972)が著した『パン・ヨーロッパ』という本である。

実はこの人の母親は、東京・牛込の骨董品屋の娘で、店先で落馬した白人外交官(当時、日本は世に言う文明開化の時代だった)を介抱したことから恋仲となり、やがて近代日本における国際結婚の第一号となった人で、その名をクーデンホーフ光子(青山みつ)という。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 4:30
Japan In-depth

Japan In-depthの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事