ここから本文です

バレーボール=女子U20世界選手権、ポーランドを下しベスト4以上確定

7/19(金) 18:59配信

月刊バレーボール&月刊バスケットボール

参加チーム中、唯一の無敗

 7月12日(金)から21日(日)までレオン、アグアスカリエンテス(メキシコ)で開催されている『第20回女子U20(ジュニア)世界選手権大会』。18日(木)、女子U20日本代表は2次ラウンド(1-8位)でポーランドと対戦。日本は第2セットこそ奪われたものの、見事セットカウント3-1で勝利した。

 日本のスターティングメンバーは、中川つかさ、西川有喜、山田二千華、曽我啓菜、石川真佑、平山詩嫣。リベロは水杉玲奈。ここまで負けなしで戦い抜いてきた屈強なスターティングメンバーで臨んだ。

 第1セットは序盤、西川のスパイクとブロックでリズムを作ると、中盤では曽我のサーブもさえ、20-14と突き放す。曽我と石川の両サイドが得点を重ね、最後は相手エースをブロックし、このセットを先取する。

 第2セットは序盤こそサイドアウトが繰り返されるも、6-6の場面から石川のバックアタックなど6連続得点で一気にリード。途中から出場した中川美柚のスパイクとブロックで21-17としたが、ここからポーランドのブロックを前に攻めあぐね、ジュースにもつれた結果、セットカウントをタイに戻される。

 第3セットは一進一退の攻防が続き20-20の場面から石川と平山の得点で抜け出すと、最後は平山の得点で締めて奪い返した。第4セットも平山のライト攻撃やフェイントで得点を引き離し、19-13とリード。石川と西川の両エースがセッター中川つかさの2段トスをしっかりと得点につなげ、22-17の場面でポーランドがタイムアウトを要求するも流れを渡さず。日本が勝利し、今大会出場チームで唯一となる無敗の成績でセミファイナル進出を決めた。

 なお、次戦は現地時間の20日(土)17:30~、セミファイナルラウンド(1-4位)にてE組2位のロシアと対戦する。
(写真:FIVB)

【試合結果】

日本 3(25-20,24-26,25-21.25-19)1 ポーランド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事