ここから本文です

これからは高齢者や初心者ドライバーの必須装備! 人と繋がるクルマの「オペレーターサービス」の中身とは

7/19(金) 6:20配信

WEB CARTOP

かつては高級車のサービスだったがいまや軽にも採用される

 オペレーターサービス、それは今後、クルマに乗っている時の安心感、利便性を大きく高める、先進装備と言っていい。具体的には、オペレーターサービスに対応したナビゲーションシステムを装備することで、車載のSIMを使い、24時間、365日、ボタンひとつでオペレーターに接続。運転席回りに配置されたマイクとスピーカーによって、オペレーターと会話ができ、緊急時のGPSを利用した通報、所在地確認、ナビの遠隔設定、飲食店の情報提供、案内などを行ってくれるサービスである。

新型デイスに搭載された最先端機能!

 専用のスマートフォンアプリとの連携も可能で、広い駐車場での駐車位置の把握、遠隔でのドアロック、警告灯通知など、先進の安心・便利を届けてくれるのだ(自動車メーカー、サービスの内容によって異なる)。ポイントはGPSを利用して、オペレーターがこちらの居場所を特定できること。見知らぬ土地でのやりとりもスムースになる。

 さらにスマホから車載のナビの目的地設定を行ったり、グーグルカレンダーやGmailの連携機能など、幅広い便利さを受けることも可能だ。

 今回、そうしたオペレーターサービスをここで取り上げたのには、理由がある。そう、いまや高級・高額車だけの機能・装備ではなくなったからだ。具体的には日産デイズの登場である。デイズに日産コネクトナビゲーションを装備することで、軽自動車にもそんな先進サービスが実現したのである。

レジャー用途や緊急時のみの利用のものまで内容はさまざま

 国産車でオペレーターサービスを採用しているのは、現在、トヨタ(T-Connect)、レクサス(レクサスオーナーズデスク)、日産(日産コネクトサービス)、そしてマツダだ。対応車種はトヨタの場合、クラウン、アルファード、ヴェルファイア、プリウス、プリウスPHV、カローラスポーツ、RAV4など。

 日産ではセレナやノート、エクストレイル、デイズなど。デイズルークス、NV200バネットなどを除く多くの車種に、日産コネクトサービス&アプリサービス対象ナビを装着することでオペレーターサービス、スマホ連携機能が利用できる。

 マツダのオペレーターサービス、スマホ専用アプリのMyMazdaは2019年8月末からサービスを開始。デビューしたばかりのマツダ3からサービスを提供する予定だ。

 オペレーターサービスは身近に“使える”「安心」と言えるが、じつは、そのサービス内容は自動車メーカーによってさまざま。

 例えば、利用料金。トヨタのT-Connectは3年間無料。4年目からは有料になる。日産コネクトサービスは専用ナビを装備、購入することで10年間無料。マツダは記事執筆時点で決まっていない。

 サービスの範囲も異なる。トヨタ、日産はほぼ同じで、緊急時のGPSを利用した通報、所在地確認、ナビの遠隔設定、飲食店の情報提供、案内などのサービスが受けられる。

 一方、マツダのオペレーターサービスは、「マツダエマージェンシーコール」として、緊急時にのみ利用できる。故障、事故の際のロードサービスの依頼、修理の依頼、急病時が範囲になるという。

 一言でオペレーターサービスと言っても、料金、車載SIMの有無(手持ちのスマホの通信が必要か否か)、コネクティッドサービスの内容はメーカー(車種)ごとに異なるので、しっかりと把握した上で利用したい。

 とくに運転初心者、シニアドライバー、1人乗車時、見知らぬ土地でのドライブ(GPSの利用)の強い味方になってくれることは間違いなしだ。AIを利用した対話型ナビとはまったく異なる、生の人間のオペレーターと会話できるところに、大きな意味がある。繰り返すけれど、24時間、365日、つながっている安心感は、すべてのドライバーに絶大なる安心と便利さ、快適をもたらしてくれるだろう。

青山尚暉

最終更新:7/19(金) 6:20
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事