ここから本文です

「海底ケーブル」に隠された中国の野望

7/19(金) 12:14配信

Wedge

ドル取引を止められた バンコ・デルタ・アジアの屈辱

 明確な意志を持って中国は米国に取って代わる覇権国家になろうとしている。情報を含めた一帯一路はその戦略に他ならない。

 中国は果たして覇権国家になれるのだろうか。覇権国家の要素を、(1)経済力、(2)軍事力、(3)金融センター機能、と定義するならば、中国に圧倒的に欠けているのは(3)の世界の金融センターとしての機能だ。だが、中国が必死に通貨「元」の国際化を図ろうがドルの地位は揺るがない。だからこそ、中国は世界を駆け巡る情報を握る海底ケーブルを押さえ、世界中の情報が集積するこの“海の道”に「元」による決済機能を乗せ、ドルに拮抗する“元経済圏”を構築したいのだ。

 中国には忘れ難い屈辱の経験がある。05年9月、時の米ブッシュ政権は「資金洗浄(マネーロンダリング)に関与の疑いが強い」として中国の特別行政区マカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア」に対し、金融制裁を課した。これにより同銀行は一切のドル取引ができなくなり、同銀行を生命線としていた北朝鮮は干上がった。なぜなら、同銀行と取引をすれば米国政府の制裁対象となりドル取引ができなくなるからだった。周到に準備された金融制裁を前に、北朝鮮は白旗をあげた。裏で北朝鮮に血液、つまり資金提供していた中国もこの時は一切、供給を断念せざるを得なかった。ドル取引が止まれば、中国経済が干上がるのも明らかだった。

 ある意味、中国の世界中に情報を押さえ、その情報網に「元」決済を広げ、ドルに対抗する国家戦略はこの時から始まったといえる。そして、「バンコ・デルタ・アジア」の屈辱からおよそ14年。中国は再び悪夢を見せられる。ファーウェイへの金融制裁がそれだ。

 通信技術、ハイテク分野での中国の独走に対し、トランプ政権が対抗したのはファーウェイの米国の金融システムに対する詐欺罪での訴追である。罪が確定すれば、米財務省の制裁対象リストに載る可能性が極めて高い。そうなった場合、ファーウェイに待っているのは、かつて「バンコ・デルタ・アジア」が辿った道である。すなわち、ファーウェイのドル取引は一切禁じられることとなる。

 「ファーウェイを絞め殺す」(米国防省関係者)

 6月3日、ファーウェイは海底ケーブル事業を中国企業に売却することを発表する。だが、海の底を舞台とした両国の覇権争いはまだまだ予断を許さない。

児玉 博 (ジャーナリスト)

3/3ページ

最終更新:7/19(金) 12:14
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年10月号
9月20日発売

定価540円(税込)

■特集 再考「働き方改革」―先進企業が打つ次の一手
■ホルムズ危機が問う安保法制に残された課題
■GSOMIA破棄が示した韓国・文政権の野望

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事