ここから本文です

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

7/19(金) 11:03配信

サライ.jp

「対面による相談」比率は2016年以降男女が逆転し、女性からの相談が増加

過去8年間の「対面による相談」男女比率をみてみると、2015年度までは男性からの相談が多く、2016年度以降は女性の相談者の方が多いという結果になった。また2018年度の「対面による相談」では、男性の割合が46.3%に対し、女性が53.7%と前年同様女性の方が多く、「働く人の悩みホットライン」では、男性44.3%、女性55.7%と昨年度と比較して4.7%、女性の比率が高くなるという結果になった。女性の社会進出や管理職への登用、役割の増加などが影響し、相談者が増えていることが推察できる。

以下、実際に寄せられた相談事例を抜粋にて紹介。

【対面の相談】

・結婚しておらず兄弟もいない。親のことや将来のことを考えると不安。
・あまり深く考えず転職し、周囲から即戦力として期待されているが、それに応える自信がない。
・鬱病で休職中だが、復職に備えてどういったことに気をつけたら良いか相談したい。
・転職先でも以前の職場でもパワハラを受けている。自分に問題があるとは思えないが、第三者の意見を聞きたい。
・仕事でもプライベートでも、とにかくイライラする。どうにかしたい。

【電話相談(働く人の悩みホットライン等)】

・通勤途中の出来事が原因でパニック障害となり休職。復職したが同僚の心無い言葉に傷ついた。
・異動先の上司から必要以上の好意を寄せられたので、少し距離を置いたら、逆に嫌がらせを受けるようになった。
・新人の態度が悪いので注意したら、パワハラだと上司に訴えられてしまった。
・電話すると気持ちが落ち着く。話を聴いてもらえるのはここだけ。

今回の統計から、じっくり相談したい内容は「対面による相談」を、職場の出来事などは「電話相談」を使って相談している人が多かった。さらに、男女とも40代の人は厳しい環境で働いている様子がうかがえる。読者の中にも、上記で挙げた相談事例と同じ悩みを持っている方もいるかもしれない。一人で抱え込まず、「働く人のホットライン」など、家庭や職場とつながっていない第三者に相談してみると、少しは心が軽くなるかもしれない。

文/鳥居優美

2/2ページ

最終更新:7/19(金) 11:40
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事