ここから本文です

「RE100」目指しワタミが外食店舗で再エネ導入

7/19(金) 11:04配信

オルタナ

ワタミは7月19日、「三代目 鳥メロ」笹塚店で使用する電力を100%再生可能エネルギーに切り替えたことを発表した。グループ会社であるワタミファーム&エナジーから、自社工場の太陽光パネルで発電した電気を購入する。ワタミは、使用電力を100%再エネにすることを目指す国際イニシアチブ「RE100」に2018年3月から加盟している。(オルタナ副編集長=吉田広子)

今回切り替えた再エネは、東松山センター(食品工場)にある太陽光パネルで発電したFIT電気を非化石価値証書と紐づけすることで、環境価値が付随した再生可能エネルギーとして、ワタミファーム&エナジーから購入している。7月7日に電力を切り替えた「三代目 鳥メロ」笹塚店では、「RE100」をテーマにした店内ポスターやTシャツを作成。従業員や来店客に「RE100」の取り組みを知ってもらい、環境について考えるきっかけを提供したい考えだ。

ワタミは、2040年までに100%再生可能エネルギーを目指し、中間目標として、2035年までに事業活動の消費電力のうち50%を再生可能エネルギーにすることを表明している。ワタミ広報部の菅則勝氏は「店舗や工場にも再エネの導入を広げていきたい」と話した。

最終更新:7/19(金) 11:04
オルタナ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事