ここから本文です

収納を3割減らすだけで月10万円がラクに貯められる家に

7/19(金) 20:50配信

ESSE-online

ものを多くもちすぎると、管理しきれず部屋は散らかる一方…。不思議なことに、そんな人に限って、家計もずさんという状態になっていたりするもの。

「家計も収納も“7割”に抑えるという意識をもつと、部屋は片づくし、家計にもゆとりが生まれて貯蓄体質に変わります」と話すのは、片づけアドバイザーの石阪京子さん。今回は、そんな石阪さんのセオリーを実践して、赤字家計を見事に抜け出したケースを紹介します。

ものを減らして在庫をわかりやすく。赤字家計が一転、月10万円の貯蓄を実現

二女の出産後、仕事と子育てに追われ、家がぐちゃぐちゃだったというYさん。子どもへの影響を危惧し、石阪さんの言う“7割収納”で家のすみずみまで片づけきったら、お金が貯まるようになったそうです。

「以前は探し出すのが面倒で、どこかにあるものでも、すぐに新品を買ってたんです。でも、ものが減って見つかりやすいので、重複買いがなくなりました。在庫もひと目でわかり、ストックも余計にもたずにすむ。それに、片づいた家は居心地がよく、外出して浪費することも、めっきり減りました」

ものの管理ができるようになったことで、お金の流れに敏感になったというYさん。
「散らかっていたときは心にゆとりがなく、家計のことはあと回しだったんです。でも、片づけたときに“こんなにムダなものを買っていたのか!”って目の当たりにして…。きちんと家計と向き合うようになったことで、月10万円貯められるようになりました」

【Y家の家計表】食費減、ストレス買いセーブのおかげで無理せず貯蓄に

共働きのYさん一家。これまで貯められなかったという10万円の貯金が無理なくできるようになったという、その内訳を見せてもらいました。
※部分は、「ここが変わった!」という支出です。

夫の月収 (手取り) ¥340,000
妻の月収 (手取り) ¥190,000
児童手当 ¥20,000
収入合計 ¥550,000

住居費 ¥87,000
食費 ¥50,000 → ※1
外食費 ¥15,000 → ※1
電気・ガス料金 ¥16,000
水道料金 ¥5,000
通信費 (携帯電話2台分、
プロバイダー) ¥36,000
日用雑費 ¥10,000 → ※2
レジャー・交際費 ¥15,000 → ※3
子ども費 ¥62,000
クルマ費 ¥20,000
こづかい
(夫) ¥30,000
(妻) ¥30,000
生命保険料
(夫) ¥6,000
(妻) ¥2,000 → ※4
(子ども) ¥2,000
学資保険料(2人分) ¥40,000
貯蓄 ¥100,000 → ※5
支出合計 ¥526,000

収支 +¥24,000

●ここが変わったおかげで貯金ができました

※1.在庫管理と自炊で、食費・外食費が減

外食の回数が激減。ムダに買っていた食品もしっかり管理し、合わせて4万円以上減。

※2.心に余裕が生まれ、ストレス買いをセーブ

片づかないイライラが解消し、ストレス買いがストップ。日用雑費が半分以下に減少。

※3.月5万円かかってたレジャー費がダウン

休日は家や公園で過ごすように。友人とのランチも、自宅に招く機会が増えた。

※4.書類の見直しで、生命保険を一本化

つき合いで入っていた保険を解約。かけ金をスリムにし、月4000円ダウン。

※5.1日の予算を守り月10万円貯蓄

1日の予算を決め、そのなかでやりくり。教育費や老後資金を貯められるように。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 20:50
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい