ここから本文です

寝相で分かるアナタの個性

7/19(金) 22:03配信

ウィメンズヘルス

音楽の好み、コーヒーの飲み方、密かな趣味は、その人の個性の多くを語る。でも、「寝相」から自分の個性の興味深い側面が読み取れることもあるみたい。その内容をオーストラリア版ウィメンズヘルスからご紹介。

「寝相は潜在意識の表れです。あなたの感情や、あなたが心の奥底で考えていることを十分に映し出します」と話すのは、ボディランゲージエキスパートのリリアン・グラス博士。また、誰かと一緒に寝ているときの寝相からは、2人の関係の多くが読み取れるそう。

もちろん、ぼんやりとした意識の中で睡眠時の姿勢をコントロールするのは実質不可能。でも、人生の3分の1を寝て過ごすなら、それぞれの寝相の意味を知っておくのも悪くない。

うつ伏せで寝る人は

『The Sleep Solution: Why Your Sleep Is Broken and How To Fix It』の著者で睡眠スペシャリストのクリストファー・ウィンター医学博士によると、あなたは恐らく引っ込み思案で、あまり人を寄せ付けないタイプ。「安心感の得られる姿勢」ではあるけれど、気道や腰には悪いので気を付けよう。また、うつ伏せで寝る人は「とても冷静」なのだとか。

この姿勢で寝ると、「甲羅をまとった亀のように、何かで守られているような気分になります」とウィンター博士は説明する。あなたが「外向的というよりは、どちらかというと内向的」な傾向にあるというのも、文字通り内向きの寝相を見れば納得がいく。

仰向けで寝る人は

ウィンター博士によると、あなたは自分の考えを発信し、人の考えを受け入れようとするタイプ。グラス博士も、この姿勢で寝る人は「何事にもオープンで安心感を抱いている」と同意する。また、あなたの周りが心地良くホッとしている動物は、この姿勢で眠るそう。

「これはかなり堂々とした寝方です。全部見てくださいと言わんばかりに、あまり着こまず寝る人は特にそうです」とウィンター博士。

でも、この姿勢は自信だけでなく、用心深い性格も表している。仰向けで寝ると家の中の物音が良く聞こえ、いざ何か起きたときには、仰向けや横向きで寝ている人より素早く行動できるそう。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 22:03
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事