ここから本文です

見た目? 性能? 最近のクルマに採用される ヒレ状アンテナにメリットはあるのか

7/19(金) 18:45配信

Auto Messe Web

コスト面でシャークフィンアンテナにメリットなし

 国産車では2010年代になって増えてきた自動車用の「シャークフィン(ドルフィン)アンテナ」。名前の通り、イルカやサメの背びれ(ヒレ)のような流線フォルムで、スタイルリッシュに見せるというのがメーカーの狙いだ。また、従来のロッド型アンテナと異なり、固定タイプなので洗車機に入れる際や、立体駐車場などで折りたたんだり取り外す必要がないメリットもある。

軽自動車にもお洒落なドルフィンアンテナ採用

 こうした形状のアンテナを国産車で見かけるようになったのは、日本で展開をはじめた頃のレクサス各車あたりからといった記憶もあるが、いまやコンパクトカーでも見かけるほど増えている。2019年8月にモデルチェンジする軽自動車、ホンダN-WGNもカスタム系グレードにはシャークフィンアンテナが採用される模様だ。

 2005年、レクサスが初採用した段階ではテレマティクス用のDCM(通信)アンテナだったが、現在はその多くがラジオ用アンテナとして機能。しかし、電波を強く受信することは難しく、アンテナとして機能させるためにはアンプで信号を増幅することが必要なため、コストがかかるアンテナといえるのだ。

 そのため、いまだに従来からのロッド式を選んでいることが多い。また、いずれにしてもアンプで増幅するならば窓ガラスに貼り付けるフィルム式や埋め込み式といった選択もあり得る。クルマのスタイルを損なわないことを優先するならば、シャークフィンよりもフィルム式などのほうにメリットがあるようにも思えるだろう。

 とはいえ、シャークフィンアンテナはラジオの電波受信のものだけではない。前述のようにDCMアンテナのユニットや、北米でスタンダードとなっている衛星ラジオ用アンテナを収めることができる。

 また、GPS信号をキャッチするアンテナを内蔵したクルマも存在する。グローバルモデルでは部品の共通化は重要なテーマであるし、スタイリングに影響するアンテナ形状を共通化することで統一感のあるエクステリアにまとめやすくなるのだ。

 結論からいえばラジオのアンテナとしてだけ見れば、コスト面ではシャークフィンアンテナにメリットはない。また、装着時の見た目についても好みはあるだろう。しかし今後、様々な通信対応が求められる自動車において、多様な受信アンテナを収めることのできるシャークフィンアンテナを採用することは、スタイリングの統一感を考えるとメリットが多い。すでにV2V(車車間通信)のユニットをシャークフィンアンテナの中に収めるといったテストもプロトタイプで実現。可能性はまだまだ広がりそうだ。

山本晋也

最終更新:7/19(金) 18:45
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事