ここから本文です

国際線エアラインの満足度ランキング、3位JAL、2位ANA、1位は?

7/19(金) 11:50配信

@DIME

数多ある国際線エアライン。その中で、特に満足度が高い航空会社というと、いったい、どこになるのだろうか?

そこで今回、リクルートライフスタイルの海外旅行に関する 調査研究機関「エイビーロード・リサーチ・センター」による、国際線エアラインの満足度調査の結果を紹介していく。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

「シンガポール航空」が3年ぶり、9度目の1位獲得。2位は「ANA」「日本航空」
2018年に渡航をした18歳以上の男女を対象に「航空会社の総合満足度」調査が行われたところ、 「シンガポール航空」が前年4位から3ランクアップし、2007年から数えて9度目の総合1位を獲得。2位は 「ANA」と「日本航空」が同率で並んだ。

TOP10の顔ぶれでは、7位の「フィンランド航空」が3ランクアップ、「ターキッシュ エアラインズ」、9位の「KLMオランダ航空」がそれぞれ1ランクアップしている。また、14位の「キャセイパシフィック航空」、16位の「バニラ・エア」、17位の「チャイナ エアライン」が圏外からTOP20入り。特に「バニラ・エア」は15ランクアップと大幅に上昇、LCCで唯一のTOP20入りを果たしている。



<フリーコメント抜粋>
【1位】シンガポール航空
・機内エンターテインメントが充実しており搭乗していても飽きることが無かった。(60代以上・男性)
・乗務員の対応もすごく良かったし快適だったから。(20代・女性)

【2位】ANA
・機内食と飲み物が充実していたし、居心地も良かったので。(50代・男性)
・清潔感のある機内で、係員の対応も良くとても快適なフライトを楽しめました。(30代・女性)

【2位】日本航空
・きれいで新しい機体と充実したエンターテインメント。(50代・男性)
・いつも利用しているが毎回心のこもったおもてなしを感じるから。(30代・女性)

【16位】バニラ・エア
・安心感が強く、親しみやすい雰囲気の搭乗員にも好感が持てた。(30代・男性)
・スケジュールがちょうど良く、値段も安い。(20代・女性)



「エミレーツ航空」が6年ぶり5度目の1位
2018年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、航空機の機材、設備の満足度を尋ねるアンケート調査が行われたところ、 「エミレーツ航空」は前年3位から2ランクアップ。2013年以来、6年ぶりの1位となった。

また、5位の「シンガポール航空」、7位の「フィンランド航空」はそれぞれ3ランクの上昇。10位には「デルタ 航空」から圏外からTOP10入りを果たしている。





<フリーコメント抜粋>
【1位】エミレーツ航空
・座席や足下、居住空間の快適性が大変満足であった。(50代・男性)
・アメニティがとても充実していて、デザインもかわいかった。(40代・女性)

【2位】日本航空
・機材が以前に比べて新しくなった。(60代以上・男性)
・ 何年か前から座席の幅が広くなったような気がする。トイレもきれいになり清潔感があって、不快感がなくなった。(30代・女 性)

【3位】ANA
・座席が広くて腰が痛くならないのが良いと思った。(20代・男性)
・トイレは、使用が集中するが、きれいに保たれていて空いているものも見つけやすく、不便は感じなかった。(50代・女性)



「ANA」が2年連続で1位。TOP10のうち6エアラインがポイント上昇
2018年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、客室乗務員の接客サービスの満足度調査が行われたところ、 1位は2年連続で「ANA」。

2位の「シンガポール航空」は前年から1ランク上昇、 7位の「ターキッシュ エアラインズ」、10位の「キャセイパシフィック航空」は圏外からTOP10入りするという結果に。





<フリーコメント抜粋>
【1位】 ANA
・困ったときに親身になって対応してくれ、安心感を感じた。(50代・男性)
・スタッフの方々は皆テキパキとした対応をしていて、気持ち良くフライトが楽しめました。(30代・女性)

【2位】シンガポール航空
・問題発生時でも、即座に機転を利かせて対応してくれた。(60代以上・男性) ・みんなにこやかで優しい雰囲気が良かった。満足です。(60代以上・女性)

【3位】日本航空
・日本語の安心感、接客の丁寧さを非常に感じました。(30代・男性)
・きめ細かな心配りや、夜間飛行の消灯後にもお水など、客席への見回りを頻繁にしてくれるので、とてもありがたい。(30代・女性)



「ANA」「日本航空」が1位、3位「シンガポール航空」
2018年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、空港内航空会社職員による接客サービスの満足度調査が行われたところ、 「ANA」「日本航空」が同率で1位に。また、6位の「フィンランド航空」、8位の「ターキッシュ エアラインズ」、10位の「キャセイパシフィック航空」 が圏外からTOP10入りを果たした。





<フリーコメント抜粋>
【1位】ANA
・渡航先で乗り換えがあったが、乗り換え時間が短い状況であったが、優先的に手続きをするゲートに案内してくれた。(60代以上・男性)
・丁寧に分かりやすく案内してくれて気持ち良かった。(40代・女性)

【1位】日本航空
・搭乗ゲートの案内及び荷物チェックにおいて非常にスムーズな対応ができていた。(40代・男性)
・初めてのチェックインでまったく分からないところを丁寧に誘導いただけたから。(30代・女性)

【3位】シンガポール航空
・対応と誘導が迅速で分かりやすかった。(60代以上・男性)
・その場その場で雑談も交えて和む案内でした。質問にもちゃんと答えていただけました。(60代以上・女性)



「エミレーツ航空」が3年連続1位。2位「ターキッシュ エアラインズ」、3位「ニュージーラン ド航空」
2018年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、機内飲食サービスの満足度調査が行われたところ、 1位の「エミレーツ航空」は「食事の味」(67.9%)、「食事の量」(42.9%)など全体的に評価が高く、2位の「ターキッシュ エアラインズ」は「食事の味」を評価する人(76.8%)が多いことが明らかに。





<フリーコメント抜粋>
【1位】エミレーツ航空
・アルコール、ワインの選択肢が広く、提供するグラスも高級があった。(50代・男性)
・味付けが良かった。 アレルギーがある人や子どもなどにとても気を使っていたのが、好感を持てた。(60代以上・女性)

【2位】ターキッシュ エアラインズ
・選択肢と食事の量、ワインサービスに満足。(60代以上・男性)
・とても良かったです。 お料理もおいしく、飽きないよう工夫されているように感じました。(20代・女性)

【3位】ニュージーランド航空
・タイムリーな食事の提供と内容に満足しました。(60代以上・男性)
・とてもおいしく、健康的な食事が魅力的で、とても満足度が高いため。(20代・女性)



「ANA」が初めての1位。2位「日本航空」、3位「ニュージーランド航空」「エミレーツ航空」
2018年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、機内エンターテインメントの満足度調査が行われたところ、 「ANA」は調査開始以来初めての1位獲得。3位は同率で「ニュージーランド航空」と「エミレーツ航空」 が並んだ。





<フリーコメント抜粋>
【1位】ANA
・機内誌のレベルが高い。映画のプログラム数も多かった。(40代・男性)
・映画やドラマやアニメなど、幅広いジャンルの映画を取り揃えていて、退屈することなく過ごせました。(30代・女性)

【2位】日本航空
・観たかった新作映画があったので楽しめた。(60代以上・男性)
・機内販売にJALとコラボしたブランド品があるのが魅力。(40代・女性)

【3位】ニュージーランド航空/エミレーツ航空
・日本語対応の映画もいくつかあったので楽しめた。「ニュージーランド航空」(60代以上・女性)
・チャンネル数が多く、長時間の飛行でも飽きなかった。「エミレーツ航空」(60代以上・男性)



1位は「カタール航空」、2位「ターキッシュ エアラインズ」、3位「バニラ・エア」
2018年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、コストパフォーマンスの満足度を尋ねる調査が行われたところ、。

1位は「カタール航空」で前年2位から1ランクアップ。LCCからは3位の「バニラ・エア」、4位の「ピーチ・アビエーション」、 7位の「タイガーエア台湾」、9位の「スクート」、10位の「ジェットスター航空」と5社がランクインした。





<フリーコメント抜粋>
【1位】カタール航空
・機内食の味、アメニティの充実、接客の良さ、機内の雰囲気とレベルが高かったから。(30代・男性)
・リーズナブルなのに接客や設備が充実しているから。(20代・女性)

【2位】ターキッシュ エアラインズ
・機内設備、特にエンターテインメント機器の充実に満足。快適な時間を過ごせた。(60代以上・男性)
・ラウンジの充実度や機内のサービスから考えて、価格以上の価値があると思うため、いつも航空券を探すときはターキッシュ から調べ始めるようになった。(30代・女性)

【3位】バニラ・エア
・費用を考えると、満足だと思う。(40代・女性)
・笑顔で接してくれたりスムーズに手続きができて安心して旅行先まで行くことができたから。価格に対してサービスの内容に 満足できたから。(20代・男性)

出典元:株式会社リクルートライフスタイル

構成/こじへい

@DIME

最終更新:7/19(金) 11:50
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年9月・10月合併号
7月16日発売

定価980円

夏の新製品辛口評価テスト
絶対に喜ばれる最強の手みやげ80選
ボディーメンテナンス11の処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事