ここから本文です

メーガン妃と『SUITS/スーツ』で共演のジーナ・トーレス、「彼女は立派な母親」と断言

7/19(金) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

映画『マトリックス』シリーズや『ゴシップガール』などに出演した、女優のジーナ・トーレス。『SUITS/スーツ』ではメーガン妃とも共演した彼女が、今週放送された『ピープルTV』のインタビューに登場した。

【写真】メーガン妃の華麗なるマタニティルック集

「ご存じないかもしれませんが、あなたの元共演者メーガン・マークルは、現在サセックス公爵夫人になられましたね」と司会のジェレミー・パーソンズがジョークまじりで尋ねると、ジーナは「すみません、何ですって? 本当ですか? 私、このところちょっと忙しかったもので」とサラリと返答。

ハリウッドからバッキンガム宮殿に移る前、メーガン妃は『SUITS/スーツ』でパラリーガルのレイチェル・ゼインを演じて一躍人気女優に。同作はファイナルシーズンの初回が今週水曜日(現地時間)にオンエアされたばかり。ジーナは法律事務所の所長ジェシカ・ピアソンを長年演じており、役名を冠した『ピアソン』という新たなスピンオフドラマにも主演で登場中。2人はセットの外でも仲が良かったようで、実際ジーナはメーガンのロイヤルウエディングにも出席している。

また、『SUITS/スーツ』でドナ・ポールセンを演じたサラ・ラファティーは、自身とメーガン妃、ジーナの3人の関係について「私たちは『シスターワイフ』とお互いを呼び合っていた」と話す。「大学や高校の友人よりも長い時間を一緒に過ごしたから、家族みたいな存在になったの。今でも家族よ」

ドラマではもう3人が顔を合わせることはなくなってしまったが、メーガン妃が母親になった今、ジーナはなおメーガン妃を遠くから応援しているという。今年の5月に第1子アーチーを出産したメーガン妃がどんな母親だと思うかと聞かれると、ジーナは「彼女は立派な母親よ。絶対そうだと思うわ。彼女の夢が叶ったんだもの」と即答していた。

最終更新:7/19(金) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年9月号
2019年7月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事