ここから本文です

前年覇者セバストワは2回戦でティーグに敗れる [女子テニス]

7/19(金) 18:00配信

テニスマガジンONLINE

 WTAツアー公式戦の「BRDブカレスト・オープン」(WTAインターナショナル/ルーマニア・ブカレスト/7月15~21日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス2回戦が行われ、ベスト8が出揃った。

2019年WTAツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 この日の試合は、第1シードで前年度覇者のアナスタシア・セバストワ(ラトビア)がパトリシア マリア・ティーグ(ルーマニア)に2-6 5-7で敗れる波乱から始まった。ティーグは元トップ100だった選手だが、2年前の広州国際女子オープン以降この大会までWTAツアー本戦に出場していなかった。

 当初、主に故障からの回復に努めるためツアーから一時退くことを決めていたティーグは、ツアー活動を停止していた2018年シーズンの間に娘を出産。今年の4月にまずITFの大会で復帰を果たし、今大会では予選から勝ち上がって本戦入りを決めていた。

 24歳のティーグは、「テニスをプレーできず寂しかった。今、すべての瞬間を楽しもうとしているの」と試合後にコメントした。

「この試合に勝てて本当にうれしい。私はこの勝利を本当に求めていたの。そのために多大なハードワークを積んだから、実現してすごく幸せだわ」

 母となった彼女はまた、「より多くの母親がプレーするよう願うわ。女性たちは、それは不可能なことではないんだと気付く必要があると思うから」とも言い添えた。

 また、バーボラ・クレイチコバ(チェコ)は第7シードのアリョーナ・ボルソバ(スペイン)に対して6-0 3-2とリードしたところで相手が足首の故障でリタイアしたため少し早めに8強入りを決めた。

 予選勝者のマルティナ・ディ ジュゼッペ(イタリア)もまた、2-6 5-4とした時点で第3シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)が棄権したため競っていた試合を終えずして準々決勝に駒を進めた。

 そのほかの試合では、エレナ・リバキナ(カザフスタン)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジャクリーン・クリスティアン(ルーマニア)を6-1 6-0で片付けた。

 準々決勝では、第2シードのヴィクトリア・クズモバ(スロバキア)がリバキナと、第6シードのラウラ・シグムンド(ドイツ)がイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)と、第8シードのクリスティーナ・プリスコバ(チェコ)がティーグと、クレイチコバはディ・ジュゼッペと対戦する。(テニスマガジン)

PARIS, FRANCE - JUNE 02: Anastasija Sevastova of Latvia plays a backhand during her ladies singles fourth round match against Marketa Vondrousova of The Czech Republic during Day eight of the 2019 French Open at Roland Garros on June 02, 2019 in Paris, France. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:7/20(土) 15:22
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事