ここから本文です

19年落ちフェラーリが新車に戻る!? 約13万円のボディコーティングに価値はあるのか?(連載:29歳、フェラーリを買う)

7/19(金) 21:13配信

GQ JAPAN

『GQ JAPAN』の編集者・イナガキ(29歳)が、ひょんなことから中古のフェラーリを購入した! 勢いで買ってしまったフェラーリのある生活とは? 今回は、新車時の輝きを取り戻すべくボディコーティングを施した。驚きの仕上がりとは!?

【写真を見る】驚きの施工結果!

ボディコーティングの必要性とは?

先日、オーディオ・システムを交換したとき、作業を担当したボンドプラスの關口(せきぐち)さんから、「ボディコーティングしたほうがいいですよ」と、アドバイスされた。

訊くと、ボディコーティングをしないと、たとえ手洗い洗車でも小傷がつきやすくなるという。たしかに、ボクの360モデナはパッと見たかぎり綺麗ではあるものの、近くによると、ところどころ小傷がある。さらに、塗装の劣化も防ぐという。

今まで、ボディコーティングなんぞ「もったいないから」という理由で、新車の見積もりからいつも削除していただけに、ボクは無縁だった。

ゆえに、ボディコーティングの知識は皆無である。とはいえ、ボディが傷だらけになってしまうのは困る。とくに愛着が湧いてきた今、早急に施工したい。

というわけで、自宅から比較的近い「KeePer(キーパー) LABO 世田谷店」に出向いた。環八を走るたびに気になっていた店舗だ。KeePerといえば、ボクの好きなハコ車レース「SUPER GT」でもよく耳にする名称だけに(レクサスのマシンをスポンサードしている)、以前から気になっていた。

早速、出向くと店長の伊藤正希さんが対応してくれた。「フェラーリは毎月数台施工しますので、年間で30~40台ほど入庫しています」とのこと。場所柄、フェラーリをはじめランボルギーニやアストン・マーティンなどの施工も多いというから安心して任せられそうだ。以前、洗車でヒヤッとした経験を有するボクとしてはホッとする。

早速、施工プラン決めに入る。が、なかなか悩ましい。コーティングの種類も複数あれば、ホイールや窓ガラスなどのコーティングといったオプションもある。伊藤さんに訊くと、「あらゆるユーザーのニーズに応えられるよう、さまざまなメニューを用意しています」とのこと。

ボクは、ボディ以外にもホイールや窓ガラスもコーティングをしたいと考えていた。くわえて、ヘッドライト内部も綺麗にしたく「ヘッドライトクリーン&プロテクト」を希望した。すると、伊藤さん「Wダイヤモンドキーパープレミアムであれば、ボディ以外にもホイールや窓ガラス、さらに給油口などもコーティングを施すので得ですよ」と話す。

値段は少々高いが(12万6000円 ※車種サイズにより異なる)、“最上級の美しさを、特別なあなたに”とうたうキャッチも気になるので、今回はこのプランを選んだ。

ちなみに、ほかのフェラーリ・オーナーもこのプランを選ぶのか? 「いや、そうとは限りません。ベーシックなプランを選ぶ人もいますので、オーナーによってバラバラです。高価なクルマだからといって、Wダイヤモンドキーパープレミアムを選ぶわけではありませんし、積極的に勧めはしません。あくまで、クルマの状態とオーナーの意向を汲んで決めます」と、伊藤さんは言う。

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 21:13
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年9月号
2019年7月25日発売

800円(税込)

"はるたん"が帰ってきた! 奇跡の男、田中圭/特集:親とは、子とは、そしてファミリーとは? 自由な「家族」/菅田将暉、”LOVE”を語る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事