ここから本文です

「京アニは作品でも暴力を使わず誰も傷つけていないのに」理不尽な大量殺人に広がる悲嘆の声

7/19(金) 18:20配信

ニューズウィーク日本版

[ロンドン発]京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」の火災で33人が死亡、36人が病院に運ばれた放火事件で、英BBC放送が「ファンは悲しみに打ちひしがれている」と報じるなど、世界中のアニメファンから追悼と激励の声が相次いでいる。

世界のファンから

1981年創業の京アニは『けいおん!』『涼宮ハルヒの憂鬱』『Free!』『響け!ユーフォニアム』などの人気シリーズを生み、丁寧な「京アニクオリティー」で海外にもファンが多い。

2016年の『映画 聲(こえ)の形』も注目され、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はネットフリックス(Netflix)を通じて世界中に配信された。

BBCは「『京アニ』として親しまれている京都アニメーションの惨事に世界中のファンがショックを受けた」として、「京アニ、強く生きろ。アニメコミュニティー全体が京アニの後ろについている。京アニが落ち込んでいる時は私たちが必ず手をつかんで引き上げる」などの声を紹介した。

「アニメ英国ニュース」の評論家イアン・ウルフ氏はBBCに「京都アニメーションの最大の特徴はアニメーションそのものの質の高さ。非常に視聴者フレンドリーだ」と話す。

「京アニは暴力もセクシャルな題材もほとんど取り上げず、誰も傷つけていない。にもかかわらず、攻撃しようとした人がいたことに衝撃を覚える」という。

ロンドンの大英博物館では『マンガ展』(5月23日~8月26日)が開催中で、手塚治虫、赤塚不二夫、萩尾望都、鳥山明、こうの史代、谷口ジローら50人の作品約70点が展示され、人気を集めている。

日本のマンガやアニメをきっかけに日本語を学ぶ若者も多く、英紙ガーディアンも衛星放送のスカイニューズ・テレビも映像付きで京都アニメーションの火災を報じた。

ツイッター上のハッシュタグ「#KyoAniStrong」「#KyotoAnimation」にも国内外から悲しみと激励の声が次々と寄せられている。

ロンドンからはDanさんが「犠牲になられた33人の冥福をお祈りします。私の心と支援は京アニのすべての方々とともにあります」とツイート。

Salve S.さんも追悼のツイート。
「火災の惨事に遭われた方々の冥福をお祈りします。京都アニメーションの涼宮ハルヒシリーズ、らき すた、けいおん!、フルメタル・パニック!の笑いは私をアニメの虜にしました。大人になってから数年経つのに聲の形には涙しました」

カナダ・トロント在住のXenon・Black Eaglesさんはこうツイート。
「ショックを受けています。京アニは非常にたくさんのショーや映画を作って、私を刺激し続けてくれました。あんなことをする病める人がいたのが残念でなりません。私の心は今回の惨事で苦しんでおられる人々とともにあります」

米オレゴン州ポートランドのDaveさんはツイートで感謝の気持ちを記した。
「京アニ、こんなに僕にインスピレーションを与えてくれてありがとう。京アニの偉大なアニメは僕を何度も奮い起こしてくれました」

フィリピンのGLOCOさんは追悼のツイート。
「火災の犠牲になられた33人の京都アニメーションの皆様に。あなたたちのハードワークが私たちに素晴らしいアニメ体験を味わわせてくれました。あなたたちは永遠に私たちの心の中にいます。どうか安らかに。これが私の今日のフェイスブックのカバーは京アニの作品です」

カナダ・カルガリーのSodapopCosplayさんはこうツイート。
「私はヴァイオレット・エヴァーガーデンのストーリーに恋に落ちました。毎週(ネットフリックスで放映されるのが)待ち遠しかったです。いつもショーの美しさに笑い、涙しました。悲劇に見舞われた方々に私のすべての愛を送ります」

米国のAnime Club After Darkさんは「この悲劇はアニメコミュニティーがいかに寛大になれるかを私たちに見せてくれました」とツイート。

Withscreen.pressを主宰する映画記者の藤井克郎氏はこう話す。

「昨年、映画『リズと青い鳥』が公開されたとき、京アニ所属の山田尚子監督に取材したが、若い女性でも積極的に監督に起用するなど、進取の気風に富んだ社風だと感じた」

「アニメーションとしては繊細な色づかいと思春期の心の揺れを掘り下げたストーリー性で芸術性にも優れ、この悲劇が今後、どういう影響を与えるのか懸念がある。卑劣な事件に負けず、信念に基づいて素晴らしい作品を作り続けてほしい」

木村正人(国際ジャーナリスト)

最終更新:7/19(金) 20:14
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事