ここから本文です

超人気ブロガー・ウイさんに婚活のアドバイスを仰いでみた!【30代ジーコの、本気で婚活!Vol.24】

7/19(金) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

発売中のBAILA8月号「ライタージーコ(32)の”本気で婚活!”中間報告」特集では婚活の途中経過に加え、スペシャリストからのアドバイスを掲載中。人気ブロガー・ウイさんからは「ジーコさんは婚活に向いていない」「男友達を増やすことが結婚への近道」「頑丈そうすぎる」「未婚の夢を捨ててはいけない」などいろいろなご指摘&アドバイスをいただいて、大変参考になり、そして希望が生まれました、が!!本誌に載せきれなかったアドバイスも山のごとし。めちゃくちゃ良いことをたくさん教えていただき、私の心の中だけで参考にしているのがもったいないので、WEBでもおすそ分け!

【写真】30代の大人ウェディングで着たい、おすすめドレスまとめ

★頑丈そうだから、ダメな男が寄ってくる★

ウイさん「ジーコさんを好きになりそうな男性はと聞かれると、ネガティブな男性かなと。頑丈そうな女性って、ネガティブを笑い飛ばしてくれそうだし、アドバイスもしてくれそうだし、その人が進みたい方向に背中を押してくれそうだし。万能で頑丈なんです。だから”僕のことを受け入れてくれそう!”って、寄ってきちゃうんですよ」

とのこと。私がそんなに役に立つかどうかは置いといて、「頑丈そうだからダメな男が寄ってくる」はたしかにそう。何をされても大して傷つかなそうに見えるせいで、ネガティブな男性に謎のディスりを受けて辟易することもあり……。頑丈そうなのって、必ずしもいいことじゃないんだなと気づけました。本誌にも載せたのですが「弱さを見せてみる」というアドバイス、ダメ男を寄せ付けないという意味でも重要なんですね……。

★自己開示は相手へのサービスだと思えばいい★

ウイさん「自己開示が恥ずかしくて無理!と思うのであれば、相手へのサービスだと思ってやるといいです。”こんなことがツラかった”とか、小さなことでもいいので話してみてください。男は、相手にとって自分が必要だと思いたいものなんです。そこでどうしようもないアドバイスをしてくる男ももちろんいると思います(笑)。でも、そのときに”あなたのおかげで元気になりました”と言うと、相手は喜ぶはず。これができれば、素敵な男性に愛されると思います」

そうなんですよ。弱音を吐く的なことは、もう大人だし「自分で解決できなきゃ恥ずかしい!」と思い込んでいるんです、私。でも「相手が喜ぶ」のであれば話は別。こういう考え方であれば、自己開示もできる!と目からウロコ、というより魚ごと落ちてきた感じでした。ありがてえ。まだ恋人になっていない段階で、自己開示してもいいというのも衝撃。32歳の女が「ツラいの…」なんて言ってたらめんどくさくてたまらないんじゃないかと思ってました。しかし……

ウイさん「普段ポジティブで健全な人から出てくるたまのネガティブはぜんぜんめんどくさくないです」

だそうですよみなさん!やっぱり一人でずっと生きていると「全部一人で処理しなきゃ」と思っちゃいがちじゃないですか?でも、いいんですって。誰かに頼っても。というか、それができたほうが好かれるんですって。知ってました?私は知らなかった。私は「こいつ、俺がいなくても楽しそうだな」感が強すぎるのが問題。確かに歴代の彼氏から「ジーコにとって彼氏って何?」って聞かれまくってきたわ…。しかも別れ際に…。あれ、たぶん「俺、必要?」って聞かれてたんだな。反省。

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 23:13
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事