ここから本文です

“京アニ火災”奇跡的に残ったイラスト

7/19(金) 21:00配信

文春オンライン

 18日、京都市で発生した「京都アニメーション」での火災。33人が死亡する大惨事となった。火災現場となった「第1スタジオ」では、警察と消防による合同で現場検証が行われ、建物の内部を状況を調べている。

【写真】火災現場のスタジオ3階の窓から確認できたイラスト

 今回の火災で、前途ある若手のアニメーターだけでなく、ベテランの監督、演出家らも被害にあったとみられている。

 火災現場の状況について、消防局の担当者が語る。

「火災直後には、3階から屋上に出る扉までのいたるころで、折り重なるように人が倒れていました。いまも現場には残渣物が多く、内部の調査が続いています」

 建物3階の窓からは、アニメーターが描いたとみられるキャラクターのイラストが確認された。

 火を付けたと見られる青葉真司容疑者は、火傷を負って意識不明の重体となっている。

「週刊文春」編集部/週刊文春

最終更新:7/19(金) 22:39
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい