ここから本文です

忘れられない有名人の離婚1位は「さんま&しのぶ」、離婚しそうな夫婦1位は?

7/19(金) 8:00配信

週刊女性PRIME

 磯野貴理子、ビートたけし、早乙女太一と西山茉希、岩崎良美……今年も有名人たちが続々と離婚を発表。夫婦の3組に1組が離婚する時代といわれるが、日本の離婚件数は増えているのだろうか?

【写真】忘れられない離婚&離婚しそうな芸能人ランキングはこちら!

 厚生労働省の調査によると、実は日本の離婚率(人口1000人に対する離婚件数)は2003年の2・3%をピークに減り続けて、'18年の離婚率は1・66%に。これって多いの、少ないの??

 ちなみに総務省統計局の'19年調査によると、世界で最も離婚率が高いのはロシアで4・7%、次いでベラルーシの3・4%など旧ソ連圏の国々が目立つ。社会保障制度の充実した北欧各国もデンマークの2・6%を筆頭に、フィンランド、スウェーデンなどで離婚率は高め。離婚大国のイメージが強いアメリカは2・5%だった。これらを見る限り、世界基準では日本の離婚率が高いとは言えないようだ。

 とはいえ、日本で年間20万7000組もの夫婦が離婚しているのは事実。「明日はわが身か」と、他人事とは思えない既婚女性の読者も多いはず! そんな身近(?)な離婚について、30代~60代の女性707人にアンケートを実施した。

1位はさんま&しのぶ。あなたの記憶に残るのは?

 まずは、どんな有名人の離婚劇が心に残っているのかを探ってみた。「忘れられない有名人の離婚」ランキング(下表)で1位に輝いたのが、大竹しのぶと明石家さんま。離婚からなんと30年近くもたっているのに、まさかの首位に! 

「離婚会見での×印が印象的」(37歳・会社員)、「こんなに円満な離婚はなかなかない」(44歳・パート)、「離婚後も共演NGでないのは初めて見た」(37歳・主婦)など、円満離婚で今もいい関係を築いているのが堂々1位の要因のようだ。

「このふたりが1位なのは、アメリカ映画でありがちな設定の“元夫婦”みたいに、別れても仲がいい理想の離婚スタイルなんでしょう。ただし、そんな仲よしの元夫婦なんて幻想。アメリカにもいないよってデーブ・スペクターも言ってましたよ(笑)」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之さん)

 続いて僅差の2位は松居一代・船越英一郎。「松居さんの壊れっぷりが……」(50歳・主婦)、「YouTubeを使うのがエグかった」(38歳・会社員)、「異常だった」(43歳・会社員)と妻側の言動が注目を集めた。しかし、夫婦問題研究家の岡野あつこさんの見方は異なる。

「妻側の過激な行動が、自身の株式投資などで築き上げた資産を守ったとも言えます。つまり『とにかく離婚できたらお金も何もいらない』と夫側に言わせるようにもっていった、妻側が一枚上手のアッパレな離婚ともとれます」

 これが事実であるとするなら、松居は相当な策士と言えるだろう。ちなみに岡野さんが忘れられない離婚ナンバーワンもこのふたり。前出・佐々木さんの1位は“泥沼が最高だった”美元・高嶋政伸と、“1億or芸能界引退を要求した”小柳ルミ子・大澄賢也の2組だという。

1/4ページ

最終更新:7/19(金) 16:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8/13号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事